みすぼらしいオヤジに見られないための装い

老眼も薄毛も悩まずに楽しめばいい

自分の好きな格好で、好きなように楽しめばいい
年齢を重ねると、昔の服が似合わなくなったり、体型が変わったり、体もさまざまに変化します。そんななか、『おしゃれはほどほどでいい~「最高の私」は「最少の努力」で作る~』でおしゃれの楽しみ方を説いたシンガーの野宮真貴氏と、新しいアルバム『野宮真貴、ホリデイ渋谷系を歌う。』で1曲デュエットしたクレイジーケンバンド・横山剣氏という57歳の同い年が、年齢とともにおしゃれを楽しむコツを語り合う対談の後編。

装うことで得られるメリットとは?

野宮 真貴(以下、野宮):おしゃれの効能は、まず自分の気持ちが変わること。わくわくして、楽しくなりますよね。「この靴を履くと自信が持てる」「この服を着ると気分が上がる」。そんな単純な理由でまずは自由に着てしまえばいいと思っています。

横山 剣(以下、横山):好きな服を着ると、フットワークが軽くなって、どこかに出掛けたくなります。

野宮:世の中全体がカジュアルの方向に流れているので、ドレスアップをする機会がなくても、1週間に1度くらいは赤い口紅をつけたり、ハイヒールを履く練習してみたりと、緊張感のあるアイテムをときどき取り入れておいたほうが、若さを保てるんじゃないでしょうか。新しい服に挑戦したときに褒められるのもうれしいですし、おしゃれは簡単に新しい自分を発見させてくれるツールでもあると思います。

横山:モータースポーツの周辺には昔からジャズやソウルがあったんですけど、その文化は今も続いていて。ビンテージカーの世界では年に数回、そういうパーティがあるんですけど、そういうときはやっぱりとっておきの格好ができます。

野宮:そういう人たちって本当におしゃれですよね! 自分の美意識というかスタイルをしっかり持っているからですね。

横山:「どうやったらそんなふうになれるのか?」というくらいおしゃれです。洋服を雑に着倒しているあの感じは、まねしても無理ですね。年齢的には僕くらいで最年少。皆さん、話すことが面白いし、エロティックな話もするし、現役感があって、ものすごく勉強になります。最初は緊張していても、お酒が入ってくると結局男はみんな同じで楽しくなってくる感じがありますね。

野宮:そういうハレの場や、ビジネスの場では、お洋服に力を借りる側面はありますよね。多少高級な服を着ると、自分に自信が持てて、気後れせず、堂々と振る舞える。私もライブをやるときには選曲と同時に「何を着よう?」って考えますからね。お洋服のそういう効果はどんどん利用して、ここぞという場面では服に助けてもらったほうがいいと思います。

次ページちゃんと装っている人は、好感が持てます
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
パナソニック<br>100年目の試練

27万人の従業員を抱えるパナソニック。津賀一宏社長は「テスラとともに成長する」と語るが、盟友テスラがパナ元副社長を引き抜くという仰天人事も。EVに命運を託す巨艦の行方は?