カタルーニャ自治州、独立宣言を撤回せず 

プチデモン州首相、中央政府の要求を拒否

 10月17日、スペイン中央政府がカタルーニャ自治州政府に対し、19日までに独立宣言を撤回するよう要求するなか、カタルーニャ州政府は撤回する考えはないと表明した。デモの様子。16日撮影(2017年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

[バルセロナ 17日 ロイター] - スペイン中央政府がカタルーニャ自治州政府に対し、19日までに独立宣言を撤回するよう要求するなか、カタルーニャ州政府は撤回する考えはないと表明した。

州政府の報道官は「(期限である)19日に(従来と)なにか異なることを表明するつもりはない」と言明した。

中央政府は、カタルーニャ州が19日午前10時(日本時間午後5時)まで独立宣言を撤回しない場合、同州の自治を停止し、直接統治すると警告している。

バルセロナ市中心部では数万人の抗議デモ

首都マドリードの裁判所が16日、カタルーニャ州の独立運動を主導してきた2団体の代表者の身柄拘束を命じたことを受け、バルセロナ市中心部では、数万人の人々が抗議デモを行った。ただ、大きな混乱はなく、現地時間午後9時頃にデモは終わった。

カタルーニャ州と中央政府の対立で経営に影響が出ることを懸念し、大手銀行2行を含め州外へ移転する企業が増えている。

独フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>は17日、カタルーニャ州にある子会社セアトが、予定していた新車名の発表を遅らせることを決定したと明らかにした。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。