セックスに悩む女性たちを救う「MBT」の正体

マインドフルネスは性機能障害の治療法にも

性機能障害の原因は、心理的なものもあれば、生理的なものもある(写真:wavebreakmedia / PIXTA)
ニューズウィーク日本版10月3日発売号(2017年10月10日号)は「日本人が知らないマインドフルネス」特集。企業の研修や医療現場で導入が進んでいるマインドフルネスは、本当に心と体を救うのか。日本ではまだ知られていないその効果をレポート。この特集から、性機能障害の治療法としての有効性に関する記事を転載する。

多くの女性を悩ませている性機能障害

当記事は「ニューズウィーク日本版」(CCCメディアハウス)からの転載記事です。元記事はこちら

マインドフルネスは、性機能障害に苦しむ女性にも朗報をもたらすかもしれない。

性的欲求を感じにくい、オーガズムに達しにくい、性交時に痛みがあるといった性機能障害は、年齢や性的指向を問わず多くの女性を悩ませている。パートナーとの関係や生活の質に及ぶ影響は、時に極めて重い。

「イギリス、アメリカ、スウェーデン、オーストラリアの研究によると、女性の35~55%は、強い性的欲求を感じていない」と、ハブロック・クリニック(ロンドン)の臨床心理士カレン・ガーニーは言う。「私たちのクリニックを受診する女性には、挿入を伴う性交の際の痛みと性欲の減退を訴える人が特に多い」

これまで性機能障害の治療法として最もよく知られてきたのは、認知行動療法だろう。患者自身の物事の捉え方を見直し、変えていく療法であり、具体的には心理面の教育、コミュニケーションやリラクゼーションのためのトレーニング、専門家の指導の下でのマスターベーションなどが行われる。

次ページ認知行動療法との違い
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
中国の格安EVがトヨタを破壊する

企業経営論の名著『イノベーションのジレンマ』著者で、ハーバード・ビジネススクールのクリステンセン教授にインタビュー。EV(電気自動車)と破壊的イノベーションの関係について聞いた。