グーグルが熱中するマインドフルネスの正体

心を落ち着かせ、ネットから離れてみよう

仕事上、あるいは人生で何らかの問題を抱えていても解決策を見つけられます(写真:evgenyatamanenko / PIXTA)

ちょっと想像してほしい。

あなたは今、渋谷のスクランブル交差点のような大きな都市の交差点にいる。そう、ニューヨークであれば、タイムズ・スクエアのど真ん中だろうか。

人の頭や心の中は、スクランブル交差点と同じ状況だ

たくさんの人、車、バイクが行き交い、カラフルな動画広告が流れ、喧噪やざわめきとともに、さまざまなものが視界に入り込んでくる。その中で、複雑な図やグラフをつくったり、論文を書いたりしなくてはならないとしたら、どうだろうか。

どんなにあなた自身が落ち着いていたとしても、周りのざわめきにはかなわない。近くのホテルに部屋を取ってこもるか、オフィスビル内にある静かなカフェで作業をしようなどと考えるだろう。そうすれば、きっとあっという間に考えをまとめ、図やグラフ、論文を仕上げることができるはずだ。

たいていの場合、人の頭や心の中は、スクランブル交差点やタイムズ・スクエアと同じ状況だ。現在のことはもとより、過去や未来のことも次から次へと浮かんできて頭の中をものすごいスピードで駆け巡っている。そこに、メールやメッセージが次から次へと送られてきたり、テレビやラジオから流れるコマーシャルが耳に飛び込んで来たり、電話がかかってきたり、ふと気づくとお菓子がこぼれてしまっていたり……。

こんな状態で、パフォーマンスを上げることなど無理だ。頭や心をホテルや静かなカフェにいる状態にする必要がある。それを可能にするのが、仏教の禅やヨガを源流とする「マインドフルネス」と「瞑想」だ。日本でも近年、関心が高まっていると聞く。

次ページさまざまな分野で注目されている
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
アマゾン膨張<br>追い詰められる日本企業

国内売り上げが1.2兆円に達したアマゾン。新サービスが続々と提供される一方で、物流、出版…その膨張ぶりを受け止めきれない企業も多い。敵か、味方か。その戦略の全貌に迫る。