貴闘力「ちゃんこ」でなく焼き肉を選んだ本質

至難の飲食店経営で元力士が店舗を順調拡大

元貴闘力の鎌苅忠茂氏。自身の店にはしょっちゅう顔を出すそう

東京都中央区八丁堀。JR東京駅から八重洲側に出て約1km。タクシーを拾えばほんの数分、徒歩でも15分ぐらいで到着できる街だ。JR京葉線、東京メトロ日比谷線の駅もある。歴史は古く、もともと江戸時代の初期に寺町として栄え、その後、町奉行下の与力、同心などの住居が立ち並んだ。現在もオフィス街としての側面を持つ一方、マンションなどの住居も混在している。

ド派手な店名入りの大きな看板や赤い提灯が目を引く

その八丁堀に「焼肉ドラゴ 八丁堀店」がこの9月下旬にオープンした。店先の大きな赤い提灯が目に止まる。「貴闘力」。そう、元関脇の貴闘力忠茂氏(本名:鎌苅忠茂氏)がプロデュースする焼き肉店だ。「焼肉ドラゴ」は横綱通り店(東京都江東区清澄)、押上店(東京都墨田区押上)などがあり、八丁堀店が最も新しいお店となる。

系列店はもともと黒を基調としたシックなたたずまいが基本。中でも、八丁堀店は東京駅や銀座、東京証券取引所のある茅場町などにも近いオフィス街という位置づけから、よりスタイリッシュ感を高めた内装とした。1人もしくは2人連れの来店客が多い土地柄を見込み、カウンター&2人用テーブルがメインの構成となっている。

インパクト絶大!ボリュームのあるメニュー

ガリタ盛り。特にドラゴカルビ(右)のインパクトが絶大だ

特徴はボリュームのあるメニューだ。たとえば、看板メニューの「ガリタ盛り」。フジテレビ系列で放送中の「めちゃ2イケてるッ!」の「ガリタ食堂」というコーナーで誕生したメニューで、タン塩、ヒレ、カイノミ、ドラゴカルビ、ハラミが合計700gで7500円。3人でも十分な量だ。

鎌苅氏は2002年に現役を引退。相撲部屋の親方を務めていたが、野球賭博に関与したとして日本相撲協会から2010年に解雇された。そうした紆余曲折を経ながらも、同年に焼き肉店の経営をスタート。今では自身がプロデュースする焼き肉店は10を超える。

次ページ鎌苅氏が「焼き肉」を選んだ理由
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
中国の格安EVがトヨタを破壊する

企業経営論の名著『イノベーションのジレンマ』著者で、ハーバード・ビジネススクールのクリステンセン教授にインタビュー。EV(電気自動車)と破壊的イノベーションの関係について聞いた。