JAL・ハワイアン大型連合、「打倒ANA」の勝算

2018年からコードシェアやマイル提携を開始

日本航空と米ハワイアン航空は、1980年代から客室乗務員の交流や運航委託などで関係を築いてきた(上写真:ハワイアン航空、下写真撮影:尾形文繁)

常夏の島、ハワイの空がますます熱くなりそうだ。

日本航空(JAL)と米ハワイアン航空は9月26日、包括的業務提携を結んだと発表した。2018年3月末に始まる夏季ダイヤから、日本とハワイを結ぶ路線でのコードシェア(共同運航)やマイレージ提携、ラウンジの相互利用などを実施する。JAL傘下の旅行会社ジャルパックは、ハワイアンの便を利用した旅行商品を発売する。

超大型機「A380」の猛攻に備える

「ANA(全日本空輸)がA380を導入すれば、競争環境は厳しくなる。ハワイアン航空からの提案はうれしかった」。JALの植木義晴社長は提携実現を受け、満足げに語った。

植木社長が言及したのは、ANAが2019年にハワイ路線へ3機導入する、座席数500を超えるエアバスの超大型機「A380」のことだ。供給座席数は一挙に増え、価格競争が起きるのは必至。JALは1954年に羽田―ホノルル―サンフランシスコ線を就航し、ハワイを60年以上牙城としてきたことから、対策を模索していた。

ANAに対抗するには、今以上の規模が求められる。夏の繁忙期である今年8月の座席数を基に計算すると、JAL・ハワイアン連合はシェアで46%と断トツになる。

規模のメリットを追求するため、JALとハワイアンの両社は「共同事業(ジョイントベンチャー、JV)」も検討する。単なるコードシェアやマイレージの提携を超え、ハワイ路線のダイヤや運賃を2社間で1つの会社のように調整できる仕組みだ。

次ページ「重要なのは、顧客の利便性を高めること」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
アジアから訪日客が殺到<br>大阪・ミナミの熱気と困惑

4年で5倍に外国人観光客が増えた大阪。中でも道頓堀や心斎橋など大阪・ミナミの中心エリアにアジアからの訪日客が押し寄せている。リピート客も多い。ミナミの魅力に迫る。