京急「赤い2階建て」は、三浦半島観光の目玉だ

「まぐろきっぷ」とともに活性化の起爆剤に

デザインのモチーフとなった京急電鉄の2100形電車(左)と並ぶ「KEIKYU OPEN TOP BUS」(記者撮影)

「赤い電車」で知られる京急電鉄が「赤い2階建て車」を導入――。

といっても、ライバルのJR横須賀線グリーン車に対抗して2階建て電車を走らせるというわけではない。同社が今秋から三浦半島で運行を始める2階建てバス「KEIKYU OPEN TOP BUS」のことだ。

オープントップの名のとおり2階席の屋根は開閉式で、高さ約3.5mの開放感ある空間から三浦半島の海や広々とした畑などの景観を楽しめる。京急によると、運行の形態やルートなどの詳細は近く公表するが、三浦半島の新たな観光の目玉として10月以降に運行を開始する予定という。

「ついついこだわりが…」

2階建てのオープンバスというだけでも注目を集める存在となりそうだが、なんといってもインパクトがあるのはそのデザインだ。座席指定列車の「ウィング号」や「快特」に使われる京急の代表的な電車、2100形をイメージしたといい、塗装はおなじみの赤と白の塗り分け。見た目はまさに「京急の2階建て車」だ。

当初は三浦半島の景観などをラッピングする案もあったというが、「いちばんインパクトがあってわかりやすく、『京急は面白いことをやってるな』と思ってもらえるように」(京急の広報担当者)と電車をモチーフにしたという。車内の壁や座席も2100形の内装を模しており、「やり始めたらついついこだわりが加速してしまいました」と、京急電鉄営業部の担当者は笑う。

前面は京急電鉄のキャラクター「けいきゅん」をモチーフにしたデザインで、ナンバープレートも「21-00」。一見白ナンバーのように見えるが、これは2019年開催のラグビーワールドカップを記念した特別仕様のナンバープレートだ。

次ページ「超こだわり」の電車そっくりデザイン
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
パナソニック<br>100年目の試練

27万人の従業員を抱えるパナソニック。津賀一宏社長は「テスラとともに成長する」と語るが、盟友テスラがパナ元副社長を引き抜くという仰天人事も。EVに命運を託す巨艦の行方は?