グレン・グールドが再び注目されている理由

ファン待望のアルバムがついに登場

左からレナード・バーンスタイン、グレン・グールド、イーゴリ・ストラヴィンスキー。ニューヨークフィルの舞台にて。1963年撮影(写真:Everett Collection/アフロ)

予約していたグレン・グールド(1932-1982)の最新アルバム『ゴールドベルク変奏曲 コンプリート・レコーディング・セッションズ1955』が到着した。

この連載の一覧はこちら

最新アルバムといっても、その内容は今から60年以上も前に録音されたアルバムの編集時にカットされてお蔵入りしていた不要テイクをまとめたものが中心なのだから、これはいったい最新アルバムといえるかどうか。

しかしグレン・グールド愛好家にとってこのアルバムの持つ価値は計り知れない。筆者自身、待ち望んでいたものが突然目の前に現れたといった感想だ。

「ゴールドベルク変奏曲」収録時の全テイクがここに

『ゴールドベルク変奏曲 コンプリート・レコーディング・セッションズ1955』

LPサイズの分厚いケースに収められたズシリと重いセット内容は、1955年6月10日、14〜16日の7日間にわたってニューヨークのコロンビア30丁目スタジオで行われたグレン・グールドの『ゴールドベルク変奏曲』録音セッション全テイクが収められたCD5枚と、グールドと音楽評論家ティム・ペイジの対話が収録されたCD。そして、われわれがこれまで耳にしてきた『ゴールドベルク変奏曲』のファイナルエディットと呼ばれるCDと、同じ音源が収められた180グラム重量盤LPも含まれている。

それだけではない。275ページにも及ぶLPサイズの豪華な写真付き解説書(英文)に、大判のポスターまでが組み合わされた壮観なものになっている。

次ページグレン・グールドの存在は極めて異色
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大ヒット愛国映画『戦狼』に見る<br>中国の拡張主義

世界の歴代映画興行収入トップ100に、アジア映画で唯一ランクインしている『戦狼』。実はプロパガンダ作品だ。「アフリカの友人」を高らかにうたい、中国企業のアフリカ進出を促す。