フェリーは豪華クルーズ列車より安くて広い

「四季島」のひのき風呂よりゆったりの浴場も

フェリー「ゆうかり」は早朝5時台に秋田港に到着。用事には十分間に合った(筆者撮影)

寝台列車の代替としてフェリーが使えそうなルートを、時刻表でいくつか調べてみた。東京―札幌間の場合、東京―八戸間で東北新幹線、八戸―苫小牧間で川崎近海汽船「シルバーエイト」、苫小牧―札幌間で高速バスを利用。全体のスケジュールは東京17時20分発~札幌8時38分着で、このうち「シルバーエイト」は八戸港22時00分発―苫小牧西港6時00分着になる。

かつて運行されていた寝台特急「北斗星」は上野19時台~札幌11時台。東北新幹線と夜行急行「はまなす」の組み合わせだと、東京18時台~札幌6時台だった。「新幹線+フェリー」は東京の発車時刻が1~2時間早く、一方で札幌着は「はまなす」に比べ2時間ほど遅い。しかし「北斗星」よりはかなり早く到着でき、現地での滞在時間を増やせる。

瀬戸内海には数多くのフェリーが

関西―九州に目を向けると、瀬戸内海を夜間に通り抜けるフェリーが多数運航されている。フェリーさんふらわあが運航している神戸―大分間のフェリーを軸にプランを練ったところ、大阪駅を17時30分ころに出発して大分駅には7時少し前に到着できるようだ。

かつて運行されていた寝台特急「彗星」は、大阪発が21時台、大分着が7時少し前。やはり大阪の出発時間帯はフェリーが不利だが、大分着は「彗星」とほぼ同じだ。朝イチの飛行機や山陽新幹線+在来線特急よりは3時間ほど早く現地に到着できる。所定運賃・料金も約1万2000円で、新幹線+在来線特急より約4000円安い。

運航時間だけをみれば、寝台列車や夜行列車、夜行バスの完全な代替にはならない。とはいえ、そこそこの価格で快適な就寝環境を得られるフェリーは、やはり魅力的だ。普段はフェリーなど眼中にない方も、たまには仕事や観光で使ってみてはいかがだろうか。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
50歳から考える<br>定年後の仕事選び

健康なら80歳まで働ける時代。60歳の定年からでも20年、50代で転身したら30年近くある。発想を変えれば、あなたの人生は変わる。生涯現役で働きたい人に役立つ情報が満載。