「ヒカキンが目標」痛いユーチューバーの末路

「自分という商品の売り方」を知らなすぎる

「個人の強み」は、「才能」「技術」「知識」の3つの要素のかけ算から成り立っている。

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』(マーカス・バッキンガム&ドナルド・O・クリフトン著) を参考に、著者作成

「才能」は、誰もが持つ先天的な資質である。一方で「技術」と「知識」は、仕事で後天的に身に付けることができる。ヒカキンはヒューマンビートボックスや動画作りに夢中になり、ひたすら磨き続ける一方で、会社員としてもユーチューバーに必要な「技術」や「知識」を身に付けた。

ユキオはどうだったか。「オレは副業で稼ぐ」と会社の仕事では手を抜き、何かを学ぶことはなかった。「技術」や「知識」は、仕事の中でこそ身に付くものだ。「個人の強み」を高めないかぎり、ユーチューバーのような超競争市場で勝てるわけがない。

参考になる、久保田弁護士の事例

では、あなたも稼げるユーチューバーになれるだろうか? 答えはイエスだ。あなたがユーチューバーの仕事に夢中なのであれば、今は「個人の強み」を持たなくても、「面白くて仕方がない」と、今の仕事から「技術」や「知識」を身に付けてあなただけの強みに育て上げることで、きっとユーチューバーになれるだろう。ポイントは「個人の強み」を生かしたうえで、視聴者側のニーズに特化することだ。

人気の弁護士ユーチューバーの久保田康介氏のやり方は参考になる。ITの知識も生かしながら、あらゆる事件に弁護士ならではのコメントを付けるという手法だ。弁護士とITという自分の強みを生かし、相乗効果で圧倒的な差別化をしている好例だろう。ちなみに彼はVALU騒動でのヒカルの対応についても動画でコメントしている。

『「あなた」という商品を高く売る方法―キャリア戦略をマーケティングから考える』(NHK出版新書 524)。書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

久保田氏もユーチューバーで食っているわけではない。弁護士としての専門の仕事を持っている。ユキオが痛々しく見えるのは、「オレは副業で稼ぐ」と日々の本業をおろそかにしているからだ。「個人の強み」がないところで副業にいくら励んでも、「あなたという商品」へのニーズはない。

「あなたという商品」をどのようにつくればいいのか? 役立つのがマーケティング戦略の考え方だ。マーケティング戦略とは「商品の価値を高める方法」を体系化したものだ。つまりマーケティング戦略の考え方を使えば、「あなたという商品」の価値を高めることができる。あなたに商品力さえあれば、ユーチューバーになれなくても、別の分野で必ず成功できるはずだ。こうした考え方は新刊『「あなた」という商品を高く売る方法』でも説明しているが、マーケティング戦略の専門家として、ぜひみなさんにもマーケティングの理論や戦略を学んでいただきたいと思う。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?