進歩を止める人間に対峙してこそ、政府だ

若者よ、スマホで「ネット投票」なら参加する?

新世代リーダー予備軍とも言える10代の優秀な若者は、どんな未来を描いているのか。「スーパーIT中学生」「スーパーIT高校生」として早くから独自の 道を切り拓いてきたデジタルクリエーターの灘高生が、未来予測を発信。ITや政治、経済、教育、ときにはアイドルや女の子ネタまで、感度の高い移り気なア ンテナがキャッチするまま書き連ねる。

 

今週のTehuの言葉  「進歩を止める人間に対峙してこそ、政府だ」

どうしたら若者の投票率が上がるのか?

連載3回目となる今回も、政治ネタでいきます。これまでに「参議院の存在意義」「ネット選挙」に関する分析をお送りしてきましたが、今週のテーマはズバリ、「若者の政治参加」。だってこれが「ネット選挙」の一番の目的でしょ! 

さあ、いったいどうしたら若者の投票率が上がるのか? 「こんな制度にしたらどうよ」というボクのアイデアをお伝えしていきます。 

先日、選挙権年齢を20歳から18歳に引き下げる運動を行っている学生団体Teen's Rights Movementが主催する「Teens Rights Summit」というイベントにご招待いただき、パネルディスカッションに登壇しました。 

 そこでは、ネット選挙によって若者の投票率アップが期待されたこと、残念ながらそれは実現されなかったことが紹介され、民主党の細野豪志議員、自民党の宮川典子議員らと現状打開のための方策についても議論が交わされました。 

「若者は投票所に行くのが億劫」

 まずあがった意見が、「若者は高齢者に比べて忙しく、投票所に行くのが億劫」「高齢者の中には、投票が貴重な外出のチャンスになるような人もいるだろうし、若者に比べると、投票することによって得られる政治に関係のない利益が大きい」というものでした。

 期日前投票もありますから、忙しいこと自体が言い訳にはなりませんが、若者の投票率をなんとかして増やさないと、日本の未来がないのは明らかなので、制度改革によって若者に手を差し伸べてあげるしかないでしょう。 

次ページ若者の投票数を水増し、高齢者の投票数を圧縮しよう
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。