東京で食べログ「カレー」の点数が高い街とは

どの街が大都市・東京のトップに輝いたのか

残暑の厳しい日に、カレーを食べたいと思う人は多いことだろう(写真:NPDstock / PIXTA)

今年の夏は、猛暑といわれていたのがウソのように、東京で8月1日から21日まで連続で降雨になった。これは観測史上2位の記録だ。夏らしく晴れ渡った空を見る機会は少なかったが、まだ残暑を感じる日もあるだろう。そんなときにカレーを食べたくなる人は多いと思うが、そこには理由がある。

たくさんのスパイスを活用した料理であるカレーには、暑さで減退した食欲を増進させてくれる働きがあるからだ。カレーを黄色く色づけるターメリック(ウコン)は、肝臓の働きを助ける。その他のスパイスのクミン、コリアンダー、クローブなどは、胃の働きを活性化する効果がある。

そして、スパイスには体を温める効果がある。とくに唐辛子に含まれるカプサイシンの発汗促進作用で、体が熱くなり汗が吹き出すのは広く知られている。なぜ、体が熱くなるのに暑いさなかに食べるのか。これは、打ち水の原理と同じで、汗が蒸発する際に肌の熱を下げてくれるからだ。だから食後は体が一時的に熱くなるが、その後は清涼感が持続する。

日本では一年中、カレーが良く食べられている

カレーは「国民食」と言える料理だ。農林水産省などの統計からヱスビー食品が算出したところによると、日本人は一年間に約76回カレーを食べていることになるという。

実はカレーは、夏に限らず、年間を通じて良く食べられている。メーカーやスーパーも食欲の落ちる夏だからこそ、プロモーションを展開する。「夏と言えばカレー」というイメージを定着させているからか、少しだけカレー・ルーの売り上げが他の月よりも高くなっているが、その程度の差だ。総務省による「家計調査」からもわかるが、1世帯あたりの品目別支出で「カレールウ」はどの季節も安定的に購入されている。

筆者は食べ歩きをするとき、せっかくこの街まで遠征したのだからと、その近辺で複数の店を「はしご」する。ラーメンファンの間では、「連食」とも呼ばれる行動だ。そのようにしていくつもの街を食べ歩きしてきた。今回、東京でカレーが美味しい街がどこかをテーマにしたのは、カレーの場合、筆者なりの仮説が1つあり、それを確かめてみたいという思いがあったからだ。

それは、東京西部の街、荻窪は東京で屈指の「カレー激戦区」なのではないか、ということだ。荻窪は東京だけでなく、全国1位に輝く食べログ4点台のお店がある。そして筆者自身、何度も荻窪界隈に通い、カレーの連食をしたからである。最近では、メディアでも少しずつ特集が組まれている。

そこで、前回(東京で「食べログ」点数が最高な街はどこか)と同様、飲食店情報サービス「食べログ」(カカクコムが運営)の掲載情報をベースに調べてみた。

次ページ東京でどこが「カレーの街」なのか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。