甲子園、何が広陵・中村の記録連発を導いたか

出場校に浸透した「正々堂々」野球との関係

8月23日に行われた高校野球「夏の甲子園」大会の閉会式。優勝した花咲徳栄の選手と帽子を交換し、笑顔を見せる準優勝校、広陵の中村奨成捕手。大会の最注目選手となり、プロ野球入りが確実視されている(写真:共同通信社)

高校野球「夏の甲子園」大会は8月23日、花咲徳栄(埼玉)が広陵(広島)を14対4で下して優勝し、幕を閉じた。

第99回を迎えた今年の大会、試合後の監督談話でこんな言葉を一体、何度聞いたことだろうか。「完全に力負けです」「相手チームの力が上でした」――。

明徳義塾(高知)の馬淵史郎監督も、秀岳館(熊本)の鍛治舎巧監督も、今大会最高齢だった75歳の大井道夫監督(日本文理)もそう言った。百戦錬磨、海千山千の名将たちは皆一様に、悔しさをにじませながらも潔かった。しかし、私はそこに少しばかり違和感を覚えた。

「力勝負」に様変わりした高校野球

なぜなら、真っ正面から全力でぶつかり合うような戦い方をしたら、選手層が厚く、力のあるチームが勝つのは当たり前。それをさまざまな作戦を駆使して覆すのが野球、とりわけ高校野球の醍醐味ではないか。そう思うからだ。

かつて、昭和の甲子園では数多くの"仕掛け"が試合中に行われた。「怪物」の異名を欲しいままにする超高校級の選手、あるいは「東の横綱」などと呼ばれる優勝候補の筆頭校を倒すために、弱者はさまざまな知恵をひねったものだ。今では反則に分類される裏技もあったし、ピッチャーを疲れさせるためにできるだけ多くの球を投げさせる「待球作戦」に徹するチームもあった。

一例を挙げれば、1979年夏の甲子園、箕島(和歌山)と星稜(石川)との3回戦。延長18回まで勝負がもつれたのは、14回裏に箕島の3塁ランナーが「隠し球」でアウトになったから。隠し球とは、ランナーに気づかれぬように野手がボールを隠し、アウトを狙うトリックプレーだ。

野球の面白さ、特に甲子園の魅力のひとつは圧倒的な戦力を持つチームに戦力が劣るチームが勝つところにあった。巨象をアリが倒す瞬間に人々は熱狂し、歓喜したものだ。

しかし、真っ向勝負が続いた結果、今年の夏の甲子園では「ジャイアントキリング(大物食い、番狂わせ)」はほとんどなかった。それは、正々堂々と戦うことを期待されているから。いや、もっと正確に言うならば、それ以外の戦い方をしづらくなったからではないかと思う。

次ページ「真っ向勝負」以外の戦いがしづらくなった理由
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
50歳から考える<br>定年後の仕事選び

健康なら80歳まで働ける時代。60歳の定年からでも20年、50代で転身したら30年近くある。発想を変えれば、あなたの人生は変わる。生涯現役で働きたい人に役立つ情報が満載。