53年前、「100m9秒台に迫った」日本人の真実

東京五輪で優勝候補→プロ野球に転身の内幕

1964年6月にその年の世界最高記録である100m10秒1をマークした日本人選手がいた(写真はすべてTBSテレビ提供)

サニブラウン・アブデル・ハキーム、多田修平、ケンブリッジ飛鳥、桐生祥秀、山縣亮太――。

今、日本陸上界の枠を超えて国民的関心事となっているのが、「100m10秒の壁を破る日本人選手は誰か?」。悲願ともいえる「日本人初の9秒台」だが、今から53年前の1964年に「世界初の9秒台なるか?」と騒がれた天才スプリンターが日本にいたことをご存じだろうか?(ちなみにこれまで100m9秒台ランナーは世界に124人おり、計877回記録されている【2017年8月23日判明分】)

1964年に100m10秒1を記録した日本人選手がいた

飯島秀雄。1964年6月、当時早稲田大学競走部に在籍していた弱冠20歳の飯島は、自己ベストを大幅に更新し10秒1の日本新記録、その年の世界最高記録をマーク。当時の100m世界記録は10秒0でその若さとダイナミックな走り、急激な伸び率から「世界初の9秒台なるか」と世界中のマスコミが色めきたった。

その4カ月後、自国開催となった東京五輪の男子100m一次予選では、全組を通じて何とトップ通過。これは後にも先にも日本オリンピック史に残る快挙だ。

しかし、続く2次予選で飯島をアクシデントが襲う。フィニッシュ直後に前のめりに大きく転倒し全身を強打。その怪我の影響から準決勝で敗退してしまったのだ。自国開催の期待を一身に背負った東京五輪での大活躍は果たせなかったものの、誰もがその天才スプリンターの出現に「世界の表彰台」と「夢の9秒台」を期待していた。

そんな競技人生のピークを迎えつつあった24歳で飯島は突如引退を表明。周囲が驚愕する転身を遂げる。陸上の次に彼が選んだセカンドキャリアは何と「プロ野球」の世界だった。

次ページ俊足を買われて異例の転身
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
50歳から考える<br>定年後の仕事選び

健康なら80歳まで働ける時代。60歳の定年からでも20年、50代で転身したら30年近くある。発想を変えれば、あなたの人生は変わる。生涯現役で働きたい人に役立つ情報が満載。