日経平均下落で覚えておきたい「3つの価格」

テクニカルで見ると日本株はまだ下がる?

日本株にはまだ波乱がありそうだ。テクニカル面で見ると短期的にはもう一段の下落か(写真:KY/PIXTA)

 米国と北朝鮮の米朝関係に緊張感が高まり、リスクオフの流れに転じつつある株式相場。足元では米国株も日本株もいったんリバウンドしたものの、予断を許さない状況だ。今の日本株をテクニカル面から見ると、移動平均線などの動きからは今後の需給悪化が懸念されるところだ。一方、重要な高値や安値をつけた日付など、時間的な経過から相場を予測する「日柄(サイクル)」面では底入れ時期が徐々に近づいているとの見方もあり、当面の見通しを探ってみた。

移動平均線の傾きを知れば、相場の方向性がわかる

まずは移動平均線を使って、日経平均株価を見ていこう。移動平均線とは「ある期間(たとえば5営業日、25営業日など)の終値の平均を結んでできたグラフである。最新日付のデータを入れる一方、一番過去日付のデータを除去して算出するのがミソであり、これで一定期間の「平均売買コスト」がこれでわかる。

「今さら移動平均線なんて……」と言われそうだが、実は、長年にわたって相場に携わるプロ投資家は「相場は移動平均線に始まり、移動平均線に帰る」と口をそろえる。「知っているつもり」でもぜひ、このまま読み進めていただきたい。

移動平均線による分析は「単線分析」と「複数線分析」がある。前者は株価の方向性(傾き)を捉え、後者は移動平均線の「交差」(クロス)の状況から売買シグナルを探るものだ。

次ページ日経平均の長期トレンドはなお上向き
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。