効果は見えない?「時差Biz」本当に定着するか

混雑緩和「数字は出ないかも…」

11日から期間限定で走っている東急田園都市線の「時差Bizライナー」(記者撮影)

電車が混み合う時間を避けて、快適な通勤を――。東京都が提唱する、通勤ラッシュの緩和に向けた「時差Biz」のキャンペーンが7月11日から始まった。

通勤時間帯をずらす「オフピーク通勤」の呼びかけは以前から行われているが、今回は小池百合子都知事が昨年の知事選で掲げた公約「満員電車ゼロ」の実現に向けた肝いりのプロジェクト。25日までの期間中、約260の企業・団体が参加して時差出勤やテレワークなどに取り組むほか、鉄道各社もポイントの付与やクーポンのプレゼント、臨時列車の運行などで混雑時間帯を避けた通勤を促す。

田園都市線に臨時特急

今回のキャンペーンに合わせ、臨時列車を走らせているのは東急電鉄と東京メトロだ。特に東急は期間中の平日8日間、通常は特急列車のない田園都市線で臨時特急「時差Bizライナー」を朝6時台に運転。平日の急行なら8駅、準急なら13駅ある中央林間―渋谷間の停車駅を、長津田・あざみ野・溝の口という「他社線との接続駅で乗降人員が多い駅」(東急の担当者)に絞った列車だ。

「時差Bizライナー」は中央林間を朝6時04分に発車。8時台に渋谷に到着する準急なら50分かかる中央林間―渋谷間を39分で走る。「早朝の時間帯は比較的混雑も少なく、所要時間も短い。利便性と快適性をアピールするため、目を引く『ライナー』を運行することにした」と東急の担当者はいう。

次ページ「こういう列車が増えるなら早朝出勤も…」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
日本を動かす<br>地方の名門企業77

日本各地には、地元財界の顔として政治力・経済力をいかんなく発揮している企業がある。圧倒的な存在感とパワーを持つ名門企業の実態に迫り、今後の成長が期待できる地方発“次世代企業”を取り上げた。