「苦手なヤツ」と何とかうまくやっていく方法

ジャイアンはなぜ映画だと頼りになるのか

「苦手なアイツと一緒に仕事しないといけないのか…」と悩む人に(写真:kikuo / PIXTA)

子どもの頃、『ドラえもん』の映画を見ながら、こう思ったことはないだろうか?

「ジャイアンが違う」

「なんか頼もしい……」

これが普段は理不尽を重ねる、あのジャイアンなのかと。のび太やスネ夫たちに対して横暴を繰り返し、不定期開催のリサイタルで忌み嫌われていたあの男が、映画になると、なぜこうもカッコよく変貌を遂げてしまうのか。

映画というものは、そもそもクライマックスとエンディングが用意されている。ドラえもん、のび太をはじめキャスト全員がひとつの目標に邁進するとき、友情はひとつに束ねられ固い信頼で結ばれる。日常のたわいもないけんかよりも、もっと大きな敵が現れたとき、「敵の敵は味方」とばかりに心が通い始める。人間関係はこんなひとつの出来事で、根底から刷新されてしまうことがある。

この例えから学ぶことは実に多い。「目標が人間関係を刷新する」ということだ。

ひとは他人に対してレッテルを張りたがる生き物

人間関係――特に特定の他人に対するイメージは、定着するとなかなか変えられない。嫌な上司を、ある日途端に好きになることはまずないだろう。接点が少なければそのまま「嫌な上司」のまま固定されてしまうに違いない。恐妻家が亭主関白に一変することもなければ、気の障る向かいのイヤミな奥様が突然、人格者になることもない。私たちは他人のイメージを固定したがり、それを保持しようとする傾向がある。自分を傷つけかねない相手からは距離をとり、つねに身を守っている。

だから人間関係は難しい。いや正確にいうと、「人間関係を変えていく」ことは難しい。

人間関係が試練になるときとは、主に職場で「嫌なヤツ」と協働しなくてはならなくなったときなど、逃げられない信頼関係を押し付けられたときだろう。なにも接点がなければ「嫌なヤツ」のまま、自分のなかで固定させておけばいいのだが、仕事とあってはそうはいかない。

次ページ人間関係を劇的に改善させる条件
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?