「経常利益がケタ違いに伸びる」トップ100社

会社四季報最新号から今年度飛躍企業を予想

力強さに欠ける世界経済。そんな中にでも勝ち抜く成長企業とは(写真:アフロ)

『週刊東洋経済』6月17日号(12日発売)では、「勝ち抜く企業」を特集。上方修正が期待できる銘柄や下方修正リスクのある銘柄、低PERや低PBR、高配当利回りの銘柄など投資のヒントとなるようなランキングを掲載している。

このうち、特集で収載しきれなかった3期連続2ケタ増収増益ランキングを紹介する。6月16日(金)に発売される『会社四季報』(2017年3集夏号)の最新データから、前期、今期、来期の3期にわたって2ケタ以上増収増益になる見込みの成長企業を抽出。今期の経常増益率が大きい順にランキングを作成した。今期と来期の数値については、会社予想ではなく四季報の独自予想を使用している。

1~3位は2倍以上の成長が見込まれる

3期連続2ケタ増収増益の企業は規模が小さく、設立や上場まもない新興企業が多かった。1~3位は経常増益率が100%以上、つまり今期は前期から倍以上の成長が見込まれるという結果になった。

『週刊東洋経済』6月12日発売号(6月17日号)の特集は「勝ち抜く企業」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

1位のマイネットは2006年に設立、2015年上場と比較的新しい会社だ。スマートフォンゲームの再生・運営を手掛けている。買収によって運営するゲーム作品が増え、業績も一気に拡大する。2位は訪問販売を得意とするアイビー化粧品。美容液が好調なうえ新製品の投入が効き大きく伸びる予想だ。3位は電子書籍取次のメディアドゥ。ただし、買収の出版デジタル機構(2017年3月期の売上高約200億円、営業利益約10億円)が上乗せされ拡大する。

規模の大きい会社になればなるほど増収はもちろんのこと経常増益率2ケタ成長を続けるのは容易ではない。経常利益1000億円以上で唯一ランクインしたのが38位の半導体製造装置メーカー国内最大手の東京エレクトロン(今期経常利益2160億円)だ。半導体のフラッシュメモリの需要が増えていることで、製造装置もメモリメーカーなどからの受注が活況となっている。

経常利益100億円以上の規模では、71位にMonotaRo、75位にオープンハウス、76位にスタートトゥデイ、88位にエムスリー、90位にプレサンスコーポレーションが入った。

次ページまずは1~50位
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。