iPS細胞 世紀の発見が医療を変える 八代嘉美 著

iPS細胞 世紀の発見が医療を変える 八代嘉美 著

再生医療の研究に携わる著者が、iPS細胞や再生医療を取り巻くトピックを解説。

人工万能細胞iPS細胞とは、「人工多能性幹細胞(induced Pluripotent Stem cell)」の略で、人間の体を構成する多様な性質の細胞になることができる細胞のこと。

iPS細胞が実用化されれば、自分自身の細胞を培養して、臓器などをつくり出すことができる。心筋梗塞になれば新しい心筋細胞をつくればいいし、肝臓病になれば新しい肝臓をつくって置き換えればいい。まさに夢のような話である。しかし、技術的なことから、倫理上の問題、政治的な思惑など、現実には受精卵由来のES細胞と同様に再生医療においてクリアしなければならない課題は多い。

平凡社新書 693円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。