読み書き障害をもつ人が広告業界に多い理由

「脳内の配線が少し人と違うだけ」

ディスレクシアの人が持つ能力とは?

リッチ・シルバースタイン氏は、成長の過程で大変な時期を経験した。広告エージェンシーのグッドバイ・シルバースタイン&パートナーズ(Goodby Silverstein & Partners)で共同議長とパートナーを務める、広告業界のレジェンドの中学・高校時代は困難の連続であった。先生は彼を「能無し」や「怠け者」と呼んだ。彼は成績不振児が集まるクラスに割り当てられた。「それがどんなに恐ろしいものだったか、よく覚えている」と、彼は語る。「モノを思い描く能力には自信があったが、それと比べると読み書きは上手にはできなかった」。

ニューヨークのヨークタウン・ハイツにあるホームセンターで得た最初の仕事では、ネジの(大きさや形状の)違いが分からず、間違った器具をみんなに提供していた。デザイン系の学校に自分の居場所を見つけたあとも、5年間はグラフィックデザインやエージェンシーの仕事を転々としていた。言葉は彼を困惑させた。

全米で4000万人存在するディスレクシア(読み書きの能力の発達を妨げる神経障害)患者のひとりに違いないということに、シルバースタイン氏自身が気が付いたのは、もっとあとになってからだった。

さらに、広告業界にはディスレクシアを抱えている人が非常に多いようだ。「ほかのクリエイティブ業界と同様に、広告業界も学習障害をもった人で溢れている」と、サーチ&サーチ(Saatchi & Saatchi)の元クリエイティブチーフで、彼自身もディスレクシアであるクリス・アーノルド氏は語る。アーノルド氏は現在、ザ・ガレージ(The Garage)という自身のショップを経営している。「私の会社のクリエイティブ部門の社員の半数は、ディスレクシアを抱えている」。

「人とは異なる脳内配線」

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

広告業界内のディスレクシアに関する統計や研究はいまだない一方で、ディスレクシアや自閉症を引き起こす脳内の異常は、クリエィテビティや芸術的なスキル、そして物ごとを異なる手段で可視化する能力の向上に繋がる、という研究結果がでている。

たとえば、精神科医のガイル・ソルツ氏は、彼女の著書『相違の力:障害と天才の繋がり(The Power of Different: The Link Between Disorder and Genius)』で、ディスレクシアを抱える人は、突出した視覚・空間関連の才能をもっている、と書いている(また、ディスレクシアを抱える著名なビジネスリーダーとしてApple創設者のスティーブ・ジョブズ、ヴァージン・グループ創設者のリチャード・ブランソンが挙げられている)。

次ページシルバースタイン氏の成功の鍵とは
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。