ソニー平井社長「営業利益5000億円」に自信

復活の陰にエレクトロにクス事業の再生

 5月23日、ソニーの平井一夫社長兼最高経営責任者(CEO、写真)は経営方針説明会で、2018年3月期の営業利益予想5000億円について「この5年間の取り組みにより、それを十分に狙えるだけの力はついてきた」と述べ、達成に自信を示した。写真は都内にあるソニー本社で撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 23日 ロイター] - ソニー<6758.T>の平井一夫社長兼最高経営責任者(CEO)は23日の経営方針説明会で、2018年3月期の営業利益予想5000億円について「この5年間の取り組みにより、それを十分に狙えるだけの力はついてきた」と述べ、達成に自信を示した。

その上で「5000億円は20年ぶりの水準だが、この利益レベルを複数年にわたって継続できたことはソニーの71年の歴史の中で1度もない」と指摘。「高収益を創出し続けるためには、現状維持ではなく新しい事業への取り組みを強化していくことが不可欠だ」と強調した。

復活の陰にエレ再生

平井社長は現状について「未来に向けて新しいことに挑戦する自信と元気に満ちたソニーが戻ってきた実感がある」と述べ、その背景として「長年苦戦が続いたコンスーマーエレクトロニクスが再生し、安定的な収益貢献が期待できる事業になった」ことを挙げた。

2017年1─3月期はエレクトロニクス6部門の営業利益(合計)が1997年度以来19年ぶりの黒字となった。

一方、前期に1121億円の減損を計上した映画事業については「ソニーにとって重要な事業だ」と述べ、収益改善に向けて取り組んでいく姿勢を示した。

次ページ「ラストワンインチ」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。