日本人男性の「時間の使い方」が残念なワケ

フランス人ジャーナリストが指摘!

バーチャルな世界にハマりすぎると、たとえば本物の女性とやり取りするのは面倒とか、人間関係が難しくなるのではないでしょうか。他国の街に行ったときは感じませんが、東京はいま、人間関係が希薄になっていると感じます。なので、自分の時間や人生をもっと楽しんでほしいと思います。

――フランス人のように自由に生きたいと思っても、日本には何事においても「こうあるべき」という考えがあります。

たとえば、結婚もそうですね。結婚なんて無理にしなくてもいいのです。「婚活」なんてフランス人には信じられません。自分の人生を楽しむ中で好きな人ができたら、一緒に住んだり、子どもを作ったりすればいい。これもプレッシャーなんでしょうけれど、もっとリラックスして自分の人生を歩んで欲しい。

もっと自信を持ってほしい

「日本人男性には魅力的なところもある」と話すトーザン氏(撮影:梅谷秀司)

これは仕事に関しても言えます。知人でサーフィンが大好きな人がいて、優秀な経歴の持ち主にもかかわらず、アルバイトをしながら暮らしています。その方が、バケーションを取りやすいから。多くの人から批判もされたようですが、これは彼の人生。結局は、生まれてから死ぬまで、自分の時間をどう使うかを決めるのは自分です。

生き方にはいろいろなパターンがあるという、選択肢があるのが大事です。もちろん、仕事ばかりしているのもひとつの生き方。どういう生き方をするのかを選択できるような社会になるのが望ましいと思います。

――心の中では変わりたいと思っていても、周りの目が気になってできないという人も少なくありません。

それは日本の問題で、小さいときから周りにどう見られているかを気にしている。だから、「自分の人生」を生きにくい。何に関しても周りの目や意見が気になってしまう。これは教育の問題かな。

フランスの場合は逆に、小さいときから自分の意見は人と違うほうがいいと教えられます。両親との食事や学校の発表会で自分の意見を言うと、必ず「どうして?」と聞かれる。そこで、ちゃんと説明しないといけないので、自分の意見を持つようになるのです。自分の意見は人と違っていいし、むしろ違ったほうがいい。今の日本の男性は自信が足りないと思う。自分があれば自分の意見をもっと言えるし、女性との関係もうまくいくのではないでしょうか。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
憲法改正の争点<br>自衛隊の明記をめぐり論争始まる

「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」と、安倍首相が5月3日に突如表明。2020年の新憲法施行を目標に自民党は動きだした。改憲は本当に必要か、論点を整理する。