京急が「整列乗車位置」を4つに増やした理由

「プロ仕様」?品川駅ホーム上を4つに色分け

京急電鉄品川駅の1番ホームに並ぶ、色分けされた整列位置の枠(記者撮影)

都市部のターミナル駅では一般的に行われている「整列乗車」。駅によっては、先発列車と次発列車、急行と各駅停車など、列車によって並ぶ位置を分けていることも多い。慣れない駅でいくつもの整列位置がホーム上に描かれているのを見て、どこに並べばいいのかと迷ったことがある人もいるだろう。

京急電鉄は4月29日から、品川駅の下り1番ホームの整列位置を大幅に変更し、従来の2種類から4種類に増やした。赤・青・緑・黒の4色に色分けされた整列位置の枠がずらりと並ぶ、一見複雑なホーム上の様子から、ネット上では「プロの利用者向け」などとも言われ話題を呼んでいるこの新方式。導入にはどんな狙いがあったのだろうか。

赤・青・緑・黒の枠がずらり

京急品川駅の1番ホームから出発する列車は、大まかに言って横浜方面行きの「快特」「特急」、羽田空港方面へ向かう「エアポート快特」「快特」「エアポート急行」、そして普通列車の3種に分けられる。さらに、横浜方面行きの快特・特急は、都営地下鉄浅草線方面からの直通列車と、品川駅や隣の泉岳寺駅始発の2種がある。

これまで品川駅1番ホームの整列位置は「泉岳寺・品川駅始発の快特・特急」と「都営浅草線からの快特・特急と羽田空港行き」の2つだった。新たな整列位置では、これを「都営浅草線からの横浜方面行き快特・特急」(赤枠)、「羽田空港方面へのすべての列車」(青枠)、「泉岳寺・品川始発の横浜方面行きと、品川で増結する車両」(緑枠)、「すべての普通列車」(黒枠)の4つに分けた。

次ページ理由の1つはインバウンド
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。