裏庭にバーを作ると人生は最高に豊かになる

3万5000円で作った米国人女性に聞いてみた

ウィルコックスさん。自宅の庭の手作りバーで(著者撮影)

家持ちのアメリカ人たちが、ひそかにあこがれてやまないものがある。それは自分の裏庭に建てる「手作りバックヤードバー」だ。 

広い芝生の庭の片隅に小さなバーを建てれば、友人や親戚や近所の人々など、パーティ好きな仲間が喜んでやってくる――。まるで「球場を作れば、選手が集まってくる」という映画『フィールド・オブ・ドリームス』のようだが、そんなガーデンバーが、今、中高年アメリカ人たちの間で静かに流行中だ。

「これなら自分でも作れる」

ミシガン州北部に住む50代後半のペギー・ウィルコックスさんは、中学校教師の職を数年前に引退してから、庭の古い道具小屋を「バー」に改装するプロジェクトに着手した。「きっかけは、アイルランドを訪れたときに、すてきなパブをたくさん見たこと。そのとき、自分の庭にもこんなバーを作ったら楽しいかも、とひらめいた」とウィルコックスさんは語る。さらに、フロリダ州に住む彼女の兄の自宅の裏庭にも、手作りのバーが建てられていたのを見て「これなら自分でも作れる」と確信したという。

庭の片隅にあった小屋を改造(著者撮影)

ウィルコックスさんの家の裏庭の面積は975平方メートルある。日本の感覚からすると広大なスペースだ。その庭の片隅に、道具を収納するための古い小屋が、家を購入した当初から建っていた。芝刈り機や庭仕事の道具などを収納するその小屋をリフォームして、バーを作ることにした。

まず、小屋の壁を長方形にくりぬいて、そこに道端に捨ててあったガラス製のドアを取り付け、開閉できるようにした。

次ページ手作りの木製のいすを並べてカウンターに
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。