米国で人気「大麻体験ツアー」に参加してみた

吸引できる登山ツアーや大麻入りディナーも

コロラド州で人気の大麻ツアー「マイ420ツアー」に参加した、イザマンダ・フェルナンデス。嗜好品としての大麻が合法化されてから2年で、コロラド州の大麻関連ビジネスは年間10億ドル規模にまで急拡大した

私たちはコロラド州デンバー北部の大麻農園からそう離れていないところにいた。バスで私の近くに座っていた男性は、パイプをぐいっと口から引き抜いて言った。「私はこの国のどこを愛していると思う? 国民みんながラリってるところだ」

急拡大する大麻関連ビジネス

彼はあごひげを蓄えた大男で、カンザス州で畜産をやっているという。大麻を楽しむツアーに参加しそうなタイプには見えないが、私は彼の言うことに納得していた。

大麻栽培施設で写真を撮るツアー参加者の一人、マケイシャ・ホート

というのもこの日の午後、私たちのバスに乗っていたのはラリった米国人ばかりだったのだ。ロードアイランド州から来た同性愛者のカップルに、アトランタから来たさまざまな人種の技術者たち、独身最後のパーティーのためにヒューストンから来た白人のやかましい男たちのグループに、ボストンから来た60歳の女性(子供もいれば別荘も持っているとか)――。

私自身も、この時は完全にしらふとは言えなかった(あくまでも取材のためだ)。この日のツアーは大麻農園や大麻の関連商品を扱う店を回り、大麻を吸った後は軽い食事を取るというもので、これだけ多様な顔ぶれの大麻ファンを集めたのも驚くには当たらないはずだった。だいたい、コロラド州の大麻観光ブームは起きるべくして起きたと言えるのだ。

次ページ「お客をハイにできればそれでよし」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。