ヒトの「内臓」が宇宙とつながっている神秘

驚くべき生物進化の痕跡

ヒトの体に刻まれた声に耳を澄ます(写真:marusja / PIXTA)
独自の視点で生物進化の痕跡を追い、人体の中に宇宙を見た伝説の解剖学者、三木成夫(1925〜87)。一般講演中は聴衆の笑いが絶えず、大学の講義では強烈な記憶と魅力を多くの学生に植え付けた。その一人である著者が、三木が生涯問い続けた「人間とは何か」の真髄を、亡き三木の伴走者の形を取って読者に伝えようとペンを執った。解剖学者、美術評論家の布施英利氏に、『人体 5億年の記憶: 解剖学者・三木成夫の世界』について聞いた。

ヒトの体の原点

──ヒトの体内を植物性と動物性とに区分して見るのですね。

元は古代ギリシャのアリストテレスです。植物性器官とは栄養やエネルギーを体内に取り込み、吸収→循環→排出という流れで生きる力の働きをする部分、つまり内臓を指します。一方、動物性器官というのは知覚→伝達→運動という一連の機能を担い、餌を知覚する目や耳、それをとらえるための指令を出す脳と、指令をキャッチして動く骨や筋肉を指します。

──全体を通して三木先生は、植物性器官こそ生の営みの根源である、と強調されています。

そうですね。魚以前からの生命の歴史を考えてみると、基本は植物的なものなんですね。ナマコのような無脊椎動物、1本の内臓の管が生物の体の始まりで、そこに手足や目玉などが後からくっついてできたのがヒトの体。そう考えると本来の中心というか原点は植物的な部分にある。ところが現代文明、現代社会が人体の中で圧倒的優位に置いているのは脳です。

ヒトの体の真ん中には口、胃、腸、肛門と1本の管がデンとあって、それが吸収し消化し排泄(はいせつ)するという生命の営みの中心。そこを意識しなくなっていることに、三木先生の強い違和感がある。

次ページ魚時代の痕跡
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
どん底からの回復劇<br>マクドナルドの組織改革

2014~15年度に赤字に陥った日本マクドナルドHD。17年度は最高益の見通しだ。逆境下で指揮を執ったサラ・L・カサノバ社長に聞く。「きっかけは女性マネジャーからのメール」。