コスト8割減も!ベトナムのオフショアが熱い

戦々恐々とする日本の高給エンジニア

 グローバル化、デジタル化という社会的な背景に伴い、システム開発・運用管理などを海外の事業者や海外子会社に委託する「オフショア開発」が存在感を高めている。最近はとくに、人件費の安い東南アジアの開発会社に委託するケースが多い。
 ベトナム・ホーチミンで最大級のオフショア開発会社であるエボラブルアジア。同社は昨年3月の設立後、日系企業の約25社からウェブの開発や事務的作業に関わる案件を委託され、現在は社員数200人規模にまで急成長している。同社の大山智弘社長に、東南アジアにおけるオフショア開発について聞いた。
ホーチミン最大級のオフショア開発会社、エボラブル アジアでの開発風景。昨年3月の設立後、急成長している

安価な人件費とチャイナリスクを背景に伸び

大山氏曰く、オフショア開発というスキーム自体は約10年以上前から存在していたという。しかし、ここ2年ほどで、チャイナリスクへの懸念や人件費の上昇などを背景に、ウェブの開発拠点としての関心が中国から東南アジアに移行。週に3〜4社ほどのペースで、日系企業の技術担当者が大山氏の元を視察に訪れるという。

中でもベトナムは、オフショア開発の拠点として東南アジアの中でもよい条件がそろっているという。大学進学率が比較的高く、性格もまじめ。プロジェクトの進行状況によっては徹夜も辞さないなど、日本人の気質との相性もいい。

そして圧倒的に人件費が安い。同社は大卒以上の学歴を持つ技術者を採用しているが、新卒者で月給が平均300ドル、ハノイ工科大学、ホーチミン工科大学など地元の工科系エリート大学の出身者でも300〜500ドル。中途採用者は500ドルから、日本語を話せる希少な人材でも1000ドルから採用できるという。

外注費用も安い。日本では開発を外部に委託すると、1人の開発者につき月に80万円ほど支払わなければいけないケースもある。一方、ベトナムの場合は、約18万円。開発者を採用するための広告などのコストや、人件費が高止まっている日本の現状との差は歴然だ。

次ページベトナム人でもできる
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。