1回3000円「お寺婚活」に男女が殺到する理由

マナー守れぬ会員は、スパルタ禅僧が「一喝!」

臨済宗の僧侶たちが運営する「吉縁会」の"お寺婚活"では、1回のイベントで平均6組が結婚する。写真は水引き作り体験の様子(写真:吉縁会提供)

東京にある臨済宗妙心寺派のあるお寺。2015年の夏、ここに1000人を超える男女が押し寄せ、たちまち2時間待ちの列ができた。当時、ここまでの反響を予想していなかったスタッフたちは、うれしい悲鳴を上げた。

吉縁会を立ち上げた臨済宗の僧侶・木宮さんは、婚活ビジネスで莫大なおカネがかかることに違和感を感じていた(写真:木宮氏提供)

当日行われていたのは、婚活イベントの会員になるための登録会。運営するのは、「吉縁会」。臨済宗妙心寺派のお寺の僧侶たちによって構成される組織だ。静岡の本部に加え、東京、名古屋、岐阜、大分に支部を持ち、それぞれの地域にあるお寺で年4~5回婚活会が開かれる。

2010年に発足し、今年で7年目。総計120組のカップルから結婚の報告を受けた。成婚を報告する義務はないため、実際はもっと多いかもしれない。

参加できるのは、25歳から49歳までの男女(会員登録の上限は45歳)。イベントを1回開くと、平均で6組が成婚する。この好実績がうわさを呼び、会員数はうなぎ上りに増加し、今や9000人。イベントに参加するための当選倍率は最高で9.5倍まで膨れ上がった。定員が200人のところ、1900人からの応募が殺到した格好だ。

莫大なおカネがかかる、婚活ビジネスに疑問

吉縁会の発起人で、事務局長を務めるのは、静岡県浜松市にある龍雲寺(りょううんじ)の副住職、木宮行志さんだ。なぜお寺での婚活イベントを始めようと思ったのだろうか。

きっかけは、結婚相談所に登録した友人の話に違和感を覚えたことだった。「友人の話を聞くと、結婚相談所ではとにかくおカネがかかる。入会金だけで何十万円、1回相手に会うごとに相談所におカネを支払い、めでたく成婚してもやっぱりおカネを払う。合わせると、莫大な金額になります。多少の経費がかかるのは仕方ないとしても、人と出会って結婚するためにこんなにおカネがかかるというのは、不自然だと思ったんですね。それで、自分たちのお寺で費用のかからない縁結びができないかと考えたのです」(木宮氏)。

次ページお寺婚活で支払う金額は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
働き方改革を実現する<br>仕事のスリム化

「ノーミーティング・ノーメモ」の方針を打ち出すカルビー。会議を効率化する日産自動車。朝型勤務者に朝食を支給する伊藤忠商事。従来と異なる発想で業務を効率化する企業に迫る。