日本人が知らないハワイの意外な「ウラの顔」

観光客は気が付かないかもしれないが・・・

日本人に人気のハワイでは、ホームレスや薬物問題が深刻化している(写真 : bee / PIXTA)

太陽が降り注ぐビーチ、ハワイアンソングにフラダンス――。ハワイを思い浮かべるだけで癒やされ、笑顔になってしまうのは筆者だけではないだろう。この連休中にハワイを訪れる人も少なくないはずだ。しかし近年、私たちの知らざるハワイが顔を見せ始めた。それは、急増するホームレスの問題だ。現地では「ハワイが隠したいダークサイド」という声も聞かれる。

最近ハワイを訪れた人でも、「ホームレスが急増」にピンと来ないかもしれない。それもそのはず、ハワイのホームレスの人たちは、観光客と見分けがつかないことも多い。ワイキキビーチに設置されている無料のシャワーで自由に体や衣類を洗い、せっけんの香りが漂うほど清潔なホームレスもいる。小ぎれいなTシャツと短パン姿でビーチに寝ていたり、スマホを片手にバス停に座ったりしているホームレスの人たちは、観光客に溶け込んでいるのだ。

2015年10月に非常事態宣言が発令

道ばたに座ってスマホをいじるホームレスのスコット・ホールトさん(写真:筆者撮影)

しかし一方で、薬物依存、アルコール依存、精神疾患の症状を抱えるホームレスの人たちも多く、トラブル発生や医療費などに伴う社会コストは膨れ上がり、大きな課題となっている。ホームレス人口のさらなる増加による街のイメージや治安の悪化は、観光業を基盤とするハワイ経済にとっては死活問題になるだろう。

ハワイ州でホームレス人口の急増により非常事態宣言が発令されたのは2015年10月のこと。ホームレス急増の要因は、全米最高レベルの生活費の高さと最低賃金の低さにある。そして、ハワイに“引っ越し”てくるホームレスの人たちの存在も見過ごせない。冬でも凍死するおそれがない常夏のハワイに、全米からホームレスが暖を求めて集まってくるのだ。

2016年1月現在、ハワイのホームレス人口は7921人。内訳は、ホームレスの人たちのための宿泊施設「シェルター」での生活者が3613人、路上生活者が4308人。その数は年々増加の一途をたどっている。

非常事態宣言から1年半。筆者は3月に再び、取材のためオアフ島・ホノルルを訪れた(前回は2015年10月に取材)。繁華街での座り込みの禁止や、ホームレスの人たちのテントの強制撤去など、やや強行的な対策の結果、1年半前に比べ、観光客の視界からはホームレスの数が減ったように見えた。また、以前はホームレスの人が住みかを構えていた沿道のスペースには、大きな四角いアスファルトの障害物が置かれ、ホームレス対策の痕跡が確認できた。

ワイキキとアラモアナショッピングセンターを結ぶアラモアナ通りを歩いていると、ホームレスの男性が歩道に座っていた。フィリピン生まれのアーネル・エスピリトゥさん(53)だ。「ホームレスです。お腹が空いています。少しの助けが大きな助けになります。ありがとう。神のお恵みを」と書かれた段ボール紙を持っていた。

次ページアーネルさんはなぜホームレスになったのか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。