メルカリ新社長「言い訳ナシに日本を伸ばす」

独り勝ちフリマアプリ、電撃社長交代の理由

アプリのプロモーション戦略からカスタマーサポート、法務に人事戦略まで、山田氏の右腕としてさまざまな領域を統括してきた小泉新社長(撮影:梅谷秀司)

会長とはチャットベースで会話している

――海外事業の現状は?

米国ではアプリのダウンロード数が2500万を超え、さらに拡大を続けている。また、今までかなり外注に頼っていたカスタマーサポート(CS)について、オレゴン州ポートランドに拠点を作って、ここ数カ月かけて内製化した。今後はCSからのフィードバックを直接受けられるようになるので、アプリへの反映スピードを上げられそうだ。

英国では3月にサービスを開始し、細かなチューニングを重ねているところ。ダウンロード数ランキングではショッピング系アプリで1位を獲得しており、悪くないスタートを切れている。

――山田会長はさらに海外事業に割く時間が長くなりそうですが、コミュニケーションはどうしていますか?

週に2回経営陣の会議があるのと、週1回は1対1で話をしている。そもそもオフィスにいても海外にいても、いつもチャットベースで会話をしてきたので、正直これまでの感覚とあまり変わらない。そこはネットベンチャーのいいところだと感じている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。