美容家電を「当てまくった」彼女が語る成長論

パナソニックの「悩める若手」が変わったワケ

「でも、何も足跡を残せていないまま辞めたくなかった。だから、『3年は会社にいよう』と決めて、その間はとことん仕事に向き合うようにしたんです。そして、実際に3年が経ってみたら、それまでとは違う景色が見えてきて、まだまだこの会社でやれることがあると思うようになりました」

大組織の「力」を使えるかは、個人の腕次第

経験を積み重ねるにつれ、できることが増えていくのを経験した清藤さんは、いつしか辞めることをやめていた。そんな彼女が今、組織に所属するメリットについてこう語る。

「組織をうまく活用することが、組織の中で仕事をする個人の力量なのでは」と語る清藤さん。これまで手掛けてきた製品が、会議室に並ぶ(撮影:梅谷秀司)

「大きな組織だからできることって、やっぱりあるんです。たとえば、どんなにいい商品をつくっても、それをお客さまに正しく届けるためのコミュニケーションにかかる費用の投資がなかったら、あふれる情報の中に埋もれてしまいます。特に、新しい価値をつくるときは、どうやって認知度を上げて、啓発していくかもセットになる」

大規模な投資も含めて、新しいことにチャレンジができるというのは、すごく魅力的なことだと日々、実感を強めている。「組織の持つリソースは使う人の手腕次第。せっかく組織に属しているのだったら、もっともっと幅広く使おうと思ったほうが得ですよね」

1年目の新人パイロットは、思うように巨大なモビルスーツを乗りこなすことはできないだろう。しかし、場数を踏み、組織と人馬一体になる感覚をつかめば、世の中に対して大きなインパクトのある仕事ができるようになる。清藤さんという名パイロットは、身をもってそのことを証明しているのではないだろうか。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。