カプコン、開発者「2500人計画」を進めるワケ

人材を増やして、有力タイトルの量産を狙う

人員増強と並行して、設備面での開発体制も整えた。大阪本社に隣接する開発棟を2棟新設。既存施設への投資も合わせ、2016年までに総工費100億円を投じた。

カプコンが得意とするアクションゲームの開発に不可欠なモーションキャプチャーのスタジオも完備(記者撮影)

カメラ撮影によって立体モデルを作る「3Dスキャンスタジオ」や効果音の作成・録音を行う「フォーリースタジオ」を備え、人物の動きを録画する「モーションキャプチャースタジオ」には2名のアクターが常駐。これは業界でも珍しい体制だ。

バイオハザードの敵キャラの不気味な音を、小麦粉を溶かした液体とココナッツ繊維を用いて収録(記者撮影)

大幅な設備増強を進めたのは、人材活用の側面と同時に大阪を拠点とする企業ゆえの事情もある。

国内のゲームメーカーの大多数は東京に拠点があり、近郊には東映や東宝などの映画スタジオや、専門の外注スタジオも多く、必ずしも自社ですべての設備を持つ必要がない。カプコンが大阪で他社に負けない質を求めるためには、大型投資が不可欠だった。

次代を担うリーダー層の社員を育てられるか

人材と設備を大幅に増強した今、課題となるのは、ゲーム開発全体の指揮を執る「リーダー層」をいかに育てるかだろう。どれだけ人員を拡大しても現場のエンジニアを増やしただけでは、固定費は増えるばかりで、タイトル数の増加にはつながらない。タイトルを増やし、業績を向上させるには、プロデューサーやディレクターなどリーダー層の人材が必要なのだ。

開発棟には多方面から撮った写真を合成して立体モデルを作る「3Dスキャンスタジオ」も備える(記者撮影)

2012年4月に入社した「大人数採用1期生」はすでに入社から5年が経つ。中堅社員として独り立ちしているものの、リーダー層へと成長していくのはこれからだ。

信山執行役員は「家庭用ゲーム機では開発が長期化しており、リーダー層に必要なことを一とおり経験させようとすると10年かかる。これをどうにかして短縮しなければならない」と話す。この課題に対しては、スマホゲームなど短期間で開発するプロジェクトに若手を加えることなどで、育成期間の短縮を図る考えだ。

ゲームソフト会社にとって、開発者こそが価値を生み出す源泉である。大量に採用した社員を、大型タイトルを背負う人材に育てきることができるかが、カプコンの今後の成長を決めるカギとなりそうだ。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。