慶應義塾が「福澤諭吉」を商標登録できた理由

なぜ「諭吉」がOKで「龍馬」がNGなのか?

そもそも知的財産とは何なのか?基礎から学びます(撮影:梅谷秀司)
「知的財産権」について勉強しなければいけないなあ、と思いながらも、きちんと勉強しないままここまで過ごしてきました。そこで『楽しく学べる「知財」入門』(講談社現代新書)著者の稲穂健市さんに、知りたいことをガンガン伺いました。
1回目は、そもそも知財とは何なのか? 主に著作権と商標権の違いについて、専門家の立場からわかりやすく解説していただきました。

知的財産とは「経済的な価値のある情報」

この連載の一覧はこちら

木本:基本の基本から伺います。そもそも「知的財産」という言葉がよくわからない。これって何なのでしょうか。

稲穂:「知的」という言葉から高尚なものを想像するかもしれませんが、別に高尚である必要はありません。簡単に言えば、人間が頭で考えて作り出したものは経済的な価値を持つことがあり、その情報の部分を財産としてとらえたものが知的財産です。

木本:モノそのものではなく、情報の部分なんですね。

稲穂:たとえば、木本さんが絵を買ったとします。その絵はあなたの所有物になりました。部屋に飾るのはいいとして、それを勝手にコピーして絵葉書として売るのはダメです。というのも、そういった行為には原則として絵を描いた人の著作権が及ぶからです。著作権は知的財産権のひとつです。

次ページたとえおカネを得ていなくても
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。