iPhoneを海外旅行で安く賢く便利に使う方法

1日980円で使えるプランもある

海外でのデータ通信料を節約する方法を紹介する(筆者撮影)

ゴールデンウイークを控え、海外旅行に行く計画を立てている人もいるはずだ。長期休暇に限らず、仕事で海外に行き、頻繁にiPhoneを使う読者もいるだろう。そのようなときに役立つのが、国際ローミングだ。当然ながらiPhoneも国際ローミングに対応しており、渡航先に降り立った瞬間に、電源を入れれば、現地のネットワークにつながる。

ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアを使っていれば、この時点でSMSが届き、国際ローミングが可能であることがお知らせされる。あとは、「設定」から「モバイルインターネット」を開き、「通信のオプション」から「データローミング」をオンにすればいい。これで、各社の料金が適用されたデータローミングができる。

ただし、日本での通信以上に、国際ローミングのデータ通信料は割高になる。3社とも、2段階制の定額プランを導入しているものの、その上限は日本時間を基準にして1日2980円。2段階制にはなっているが、約1.2MBで1980円になり、その後、約25MBで上限に達する。メールやLINEなどのメッセージをやり取りする分にはいいかもしれないが、地図やウェブサイトを見ると、すぐに上限に達してしまうのだ。

10日使うとそれだけで約3万円にもなるため、利用を躊躇している人もいるだろう。この3万円を節約できれば、おいしいものを食べたり、お土産を買ったりもできる。そこで今回は、海外旅行や海外出張で役立つ、料金を抑えるための裏技を紹介していこう。

1.「24時間980円」のサービスを利用する

この連載の一覧はこちら

2段階制のデータプランを使うと料金は割高になってしまうが、実はドコモとauは、24時間980円で使える国際ローミングのプランを用意している。ドコモは「海外1dayパケ」、auは「世界データ定額」という名称で、これを使うだけで、データローミングの料金は約3分の1に抑えることができる。

ただし、制約もあり、ドコモの海外1dayパケは、1日30MBまでで以降のデータ通信は速度が大幅に制限される。Twitterなどの文字情報は見られるが、画像などがあるとほぼ表示できないと考えていいだろう。980円で使えるのは、主にアジアの国や地域が中心で、欧米など、日本から距離が離れている国は1280円、1580円という料金が設定されている。

次ページ980円で使えるエリアは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。