「休日の私服」に自信がない男に教えたい知恵

服の組み合わせには最低限のルールがある

週末カジュアルに自信のない人が押さえておくべきポイントとは?(写真 : kou / PIXTA)

会社関係の週末イベントに、あなたはどんな私服で参加しますか? スーツにネクタイを締めて参加するわけにもいかない。とはいえ、場にそぐわないカジュアル過ぎた格好もいただけない。

私は、「プロの目線でユニクロもカッコよく!」をモットーに、延べ4000人に近いビジネスマンの買い物に同行してきました。そんな私には週末カジュアルに自信のないビジネスマンが少なくないように見えます。

この10年で変化した! ビジネスマンの買い物事情

スーツやジャケットなど決められた型があるビジネスファッションに比べ、カジュアルファッションは着こなしのルールがあいまい。カジュアルな衣料品を扱うショップの種類も幅広く、服を選ぶ前にお店選びから迷ってしまいます。

私が買い物同行をスタートした2004年頃、ユニクロのデザインイメージは今ほど洗練されたものではありませんでした。当時はファッションビル丸井・パルコにあるテナントショップ、また、路面に店舗を構えるセレクトショップを中心にコーディネート。ところが、ファストファッションの進化とツープライススーツ量販店の商品拡充によって、ビジネスマンの週末カジュアル事情に変化が生じました。

ターニングポイントは2009年、ユニクロがジル・サンダー氏とコラボレーションした「+J」をリリースした頃でした。ツープライススーツ量販店のカジュアルアイテム拡充も進み、2011年には、スーツ量販最大手の青山商事が展開するTHE SUIT COMPANYに、ショップインブランド「アントニオ・ラベルダ」がデビュー。

現在では、ツープライススーツ量販店のジャケット&ファストファッションのインナーパンツを選ぶことで、全身3万円程度で、誰でも週末カジュアルをそろえられる時代になりました。

次ページ似合っていたはずの服が似合わなくなるワケ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
メルカリ&ZOZOTOWN<br>流通新大陸の覇者

流通業界で新旧交代が起きている。新しい主役は「ネットで服は売れない」という常識を覆したゾゾタウンと、フリマアプリで新市場を作ったメルカリ。拡大する流通新大陸をリポート。