なぜ安倍昭恵夫人の言動は「軽い」のか?

神さまに呼ばれ「自分探し」

横浜市内で講演した安倍昭恵夫人(写真:日刊スポーツ/アフロ)

左かと思えば右、行動理念はスピリチュアル──。奔放すぎる言動に、永田町も世間も震撼している。アッキーこと安倍昭恵とは何者なのか。

「家庭内野党」とも自称していたが…

「なんでこんなに私は注目を集めてしまっているんだろうって、すごく戸惑っているんです」

3月7日、東京都文京区で行われたイベントに出席した彼女は、こう語った。

安倍昭恵さんといえば、首相夫人でありながら、沖縄を訪れ、防潮堤に異を唱え、反安倍の人とも記念撮影する、「家庭内野党」ではなかったか。その彼女がなぜ、右派的思想の学校法人の名誉職を受けたのか。

辻元清美衆院議員は言う。

「彼女の一連の言動は、パーソナリティーの問題であるという見方と、戦略的なものという見方があります。私自身、後者ではないかと考えていましたが、今回その認識を深めました。首相夫人が園児に教育勅語を素読させる学校法人の名誉校長であったことは、『日本は軍国主義に回帰している』と海外でスキャンダラスに報じられ、明らかに国益を損なっています」

首相夫人が公人か私人かについて、官邸は「私人である」との見解を崩していない。

首相夫人には非常駐の職員1人がつき、首相外遊への同伴などを補佐してきた。だが、昭恵さんには、常駐2人、非常駐3人、計5人の職員がついていた。

「いつ、誰が決めたのか。5人もの国家公務員をスタッフにつけながら、私人であるという理屈は通用しません」(辻元議員)

次ページ名刺には事務所と自宅
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
インテルの<br>パラノイア的技術経営

インテル中興の祖、アンディ・グローブ。数々の英断で、プロセッサー半導体市場で無双の企業を作り上げた。グローブの愛弟子である、インテル全盛期のトップが語る技術経営の神髄。