「禅」デスク、顧客サービス廉価請負で攻勢

米ITベンチャーZendeskのCEOに聞く

SNSやネットの普及によって、製品やサービス利用者の声はかつてないほど絶大な影響力を持つようになった。企業にとって、顧客のクレームや意見、ニーズを吸い上げるカスタマーサービスデスクの重要度は増している。

こうした中、注目を浴びているのが、2007年にデンマークで創業したゼンデスク(Zendesk、09年にサンフランシスコに移転)だ。ゼンデスクは、企業の自社サイトやメール、SNS、電話などで寄せられた顧客からの質問や声をクラウド上で一元管理するソフトを開発。それに対応もする顧客サービス請負業務を展開している。

月額20ドルから、という値頃感も受けて、中小企業を中心に利用が広がっており、顧客数は全世界で3万にまで拡大。昨年9月には複数のベンチャーキャピタルから総額6000万ドルを調達するなど、米シリコンバレーでも成長企業の一つと見られている。

日本では昨年5月に日本語サービスを始めたほか、今年3月に現地法人を設立したばかりと、本格展開はこれから。ゼンデスクの強みや日本での事業展開について、共同創業者のミッケル・スヴェーンCEO(写真)に聞いた。

ゼンデスクは「禅」デスク!?

――ゼンデスク(Zendesk)とはユニークな社名です。由来は。

社名の由来はいくつかのバージョンがあって(笑)、まず、皆さんに親近感を持っていただけるような「ヘルプデスク」「サービスデスク」のようなものが念頭にありました。それ以外に、きれいに整った机で、心落ち着いた状態で仕事ができるようになる、という意味も込めて「禅」という言葉を使いました。

――設立5年半で顧客数は約3万ということですが、このサービスにおけるゼンデスクの強みは何でしょうか。

次ページ売り上げは毎年倍々ペース
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。