ドル112円後半、「下値を攻めきれず」反発

「1ドル110円割れ」はそう簡単ではない?

 3月21日、午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル高/円安の112円後半だった。午前は短期筋の仕掛け的なドル売り/円買いで112円前半まで下落したが、同水準では実需筋の買いが出た。写真は都内の為替ディーリングルームで2014年12月撮影(2017年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 21日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル高/円安の112円後半だった。午前は短期筋の仕掛け的なドル売り/円買いで112円前半まで下落したが、同水準では実需筋の買いが出た。下値を攻めきれなかったことで、午後にかけて買い戻しが入った。  

ドルは朝方112円半ばで推移していたが、地合いの悪さをかぎつけた海外短期筋がドル売り/円買いを実施。ストップロスを巻き込む形で下げ足を速め、一時112.26円と、2月28日以来3週間ぶりの安値を付けた。

その後は、仲値を挟んで「出遅れ気味の実需筋」(金融機関)のドル買いフローが流入し、ドルを底上げした。朝方売った短期筋はショートの巻き戻しを余儀なくされ、ドルは正午過ぎにかけて112.79円付近まで上昇した。

市場では「新たに円ロングやドルショートを作る感じでもない。とりあえず、米利上げペースや、欧州中央銀行(ECB)が出口戦略を推し進めるかなどを見極めたい」(FXプライムbyGMOの常務取締役、上田眞理人氏)との声が聞かれた。

その後、実需筋の買いが一巡して伸び悩んだが、午後3時にかけて円売りが優勢となり、112.86円まで強含んだ。市場では「米連邦公開市場委員会(FOMC)やG20通過後のドル安の流れを変えるには材料不足」(外為アナリスト)といい、戻っても113円前半との見方が出ていた。

ドル/円<JPY=>  ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>

午後3時現在 112.79/81 1.0758/62 121.35/39

午前9時現在 112.56/58 1.0735/39 120.84/88

NY午後5時 112.55/56 1.0737/41 120.77/81

 

 

(為替マーケットチーム)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。