経費を雑に把握する会社は成長余力が少ない

製品・サービスの価格を考え抜いていますか

一方、経理の細かい把握だけに限らず、伸びてる会社は自社の製品やサービスの価格を考え抜いています。業界の常識や相場などまったく気にせず、利用客が喜んで買ってくれる金額をとことん考えているのです。

日本テレビの「ぐるぐるナインティナイン」という番組で、「ゴチになります!」というコーナーがあります。人気長寿番組なので、ご覧になったことがある読者も少なくないでしょう。

ゴチバトルと呼ばれるこのゲーム(レース)は、出演者が各々、金額が伏せられたメニューから好きな料理を選び、味わったうえで金額を予想することで進行していきます。予想した金額と実際の金額がいちばん近かった人にはご褒美があり、いちばん的外れな金額を予想した人が、全員分の食事代を払うことになります。

このゲームは、値決めの本質を教えてくれます。初めて食べる料理でも、人は直感で価格を予想できるということです。

「こんなに軟らかいお肉は高いはずだ」「こんなに大きなエビは高いはずだ」という予想もありますし、盛りつけが繊細できれいだったら満足度も上がります。もちろん、おいしいと感じることがいちばんです。

繁盛の秘訣

金額の予想は当たったり外れたりしますが、店側としてはみんなが予想するより「少し安い」金額を設定することが繁盛の秘訣になります。みんなの予想金額より実際の値付けが高いと、利用客は「思ったより高いな」と不満に感じてリピートしてくれません。

逆に、「こんなに安いんだ」と感じさせた場合、利用客は大満足で帰りますが、店側としては、もっと得られるはずだった利益を取り逃がしてしまっている、といえるのです。

どのようなお店でも、「この内容でこの金額は高すぎる」と嫌われず、「この内容でこの金額はお得すぎる」と、利益を取り逃がさない絶妙の値付けを考えなければなりません。

これは客単価が3万円の超高級すし店でも、1皿100円の激安回転ずし店でも同じことです。

『伸びてる会社の意外な共通点』(合同フォレスト)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

値決めの際に、業界の常識や相場などを気にする必要はまったくありません。たとえば、ラーメン屋をオープンするときに、「うちは素材と味にこだわって、高い材料を使っているけれど、ラーメンは1杯850円が相場だし、近くの店も大体そのくらいの金額だ」と考える必要はないわけです。

むしろ、そのラーメンなら1杯2000円の値付けをしても、利用客は喜んで来てくれると考えられるのであれば、自信をもって2000円の値段を付けたほうが、他の店とは差別化できて目立つことすらできます。

自分の会社の商品やサービスをなぜ買ってくれるのか。そこにどのような感動や満足、付加価値があるのか。自分が売りたいことではなく、利用客が喜ぶことにフォーカスすれば、もっと商品力を高め、価格を上げられるに違いありません。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
EV(電気自動車)ショック<br>大転換の勝者と敗者

ガソリン車から電気自動車へ、世界中でEVシフトが進んでいる。日本の自動車業界は大転換を迫られ、部材メーカーの勢力争いも本格化。日本経済はこの地殻変動を乗り越えられるのか。