2日の米国株式市場は反落、金融株が軟調 

キャタピラー急落、イリノイ州の施設捜索で

 3月2日、米国株式市場は反落した。金融株が全般に軟調となったほか、重機のキャタピラーが売られて指数を押し下げた。ニューヨーク証券取引所で撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 2日 ロイター] - 米国株式市場は反落。金融株が全般に軟調となったほか、重機のキャタピラー<CAT.N>が売られて指数を押し下げた。キャタピラーは、イリノイ州の施設が米当局の家宅捜索を受けたとのニュースが重しとなり、4.3%急落。家宅捜索の理由は明らかになっていない。

銀行株は前日、米連邦準備理事会(FRB)の早期利上げ観測を支えに上昇したが、この日は売りが優勢となった。S&P金融株指数<.SPSY>は1.5%安と、1月半ば以来の大幅下落となった。

リバティービュー・キャピタル・マネジメントのリック・メクラー社長は「昨日は裏付けとなる実質的な材料が必ずしも多くないのに相場が急上昇しており、今日は利食い売りがある程度出たのだろう」と指摘。投資家は公益株など、昨年秋の米大統領選以降出遅れているセクターに資金を移しているようだと述べた。

スーパーマーケットのクローガー<KR.N>は4.3%安。競争激化が響き、四半期決算で既存店売上高が減少した。

メッセージングサービス「スナップチャット」を運営する米スナップ<SNAP.N>は今日が上場初日。株価は商いを伴って上昇し、公開価格を44%上回る水準で取引を終えた。

騰落銘柄数は、ニューヨーク証券取引所では下げ銘柄が上げ銘柄を上回り、比率は2.85対1だった。ナスダックも2.23対1で下げが上げを上回った。

米取引所の合算出来高は約74億株で、直近20営業日の平均である69億株を上回った。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 21002.97 -112.58 -0.53 21128.91 21129.20 20996.61 <.DJI>

前営業日終値 21115.55

ナスダック総合 5861.22 -42.81 -0.73 5897.01 5897.01 5856.30 <.IXIC>

前営業日終値5904.03

S&P総合500種 2381.92 -14.04 -0.59 2394.75 2394.75 2380.17 <.SPX>

前営業日終値2395.96

ダウ輸送株20種 9439.47 -154.48 -1.61 <.DJT>

ダウ公共株15種 701.12 +5.59 +0.80 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 974.33 -10.93 -1.11 <.SOX>

VIX指数 11.81 -0.73 -5.82 <.VIX>

S&P一般消費財 693.10 -1.03 -0.15 <.SPLRCD>

S&P素材 330.59 -3.52 -1.05 <.SPLRCM>

S&P工業 567.71 -5.55 -0.97 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 567.84 -0.10 -0.02 <.SPLRCS>

S&P金融 411.80 -6.14 -1.47 <.SPSY>

S&P不動産 197.21 -0.54 -0.27 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー 525.90 -4.50 -0.85 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 871.60 -2.01 -0.23 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 170.64 +0.09 +0.05 <.SPLRCL>

S&P情報技術891.06 -6.04 -0.67 <.SPLRCT>

S&P公益事業260.94 +1.92 +0.74 <.SPLRCU>

NYSE出来高9.11億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物3月限 ドル建て 19565 - 55 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物3月限円建て 19555 - 65 大阪比 <0#NIY:>

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
いま買える株・投資

26年ぶりに日経平均2万3000円超え。歴史的大相場の始まりか?チャンスとリスクを点検する。見逃せない株価材料&銘柄、割安株ランキング、好成績の投信を掲載。緊急投資ガイド。