「Twitterなりすまし」との3カ月全面対決

ある日、「誰か」が自分の名前で投稿し始めた

ある日、自分の名前のアカウントが、まったく身に覚えのないことをツイートしはじめました(写真:Graphs / PIXTA)
瞬く間に拡散され、膨大な数のコメントが殺到する――。ツイッターやフェイスブックなどのSNSを舞台にした“炎上”は、いまや日常的なものになった。今や、アメリカ大統領自ら、ツイッターで個人攻撃を繰り返し、「偽(フェイク)ニュース」を拡散する。
ネットとは、もっと自由で、誰もが無料で有益な情報を入手できる希望に満ちた世界ではなかったか? なぜこんなことになってしまったのだろうか?『ルポ ネットリンチで人生を壊された人たち』の筆者、ジョン・ロンソン氏が、現在のネットの負の部分に焦点を当て、その深層を分析する。

 

「帰宅。ガラナとイガイをバップに挟んだサンドイッチを作りたい。マヨネーズをつけて食べるやつ。レシピを探そう。大きいのを作る。きっとおいしい」

2012年1月初旬。私は突然、自分ではない「ジョン・ロンソン(@jon_ronson)」なる人物がツイートしているのを発見した。アイコンには、確かに自分の写真が使われ、アカウント名もいかにも自分なのだが、ツイートの内容にはまったく身に覚えがない。

「あなたは誰ですか?」。“彼”に向かってそうツイートしてみたが、反応はなし。料理のことや性的な夢についてツイートし続けている。

別人格の“自分”がツイッター上で生きている

この時点で、フォロワーは20人。中には、私の直接の知り合いもいる。何も知らない人が見れば、間違いなく私の人間性を誤解するだろう。やがて知り合いの中にもこのアカウントを私だと誤解する人が現れた。交友関係が華やかで毎晩遊び回っているような人、と思われたのだ。実際にはまったくそうではないのに。

これは誰かが自分になりすましているに違いない。すなわち、自分の名前を使ったスパムボットを作った人間がいるということだ。調べた結果、スパムボットを作ったのはルーク・ロバート・メイソンという元ウォーリック大学の若い研究者であると突き止めることができた。

次ページロボット化した自分との闘い
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビームスの流儀

1976年に創業し、90年代の渋カジブームを牽引したビームスが今も元気だ。創業以来赤字知らず。40年、最先端を走り続けられる秘密は何か。設楽洋社長への独占インタビューを掲載。