チョコの新潮流「ビーントゥバー」とは何か

日本でも新しい歴史が始まっている

近頃よく聞く、「Bean to Bar(ビーントゥバー)」とはいったい?© Yuki Ohara

プレゼントされたりお返しを考えたりと、何かとチョコレートが身近な話題となるシーズン。テレビのニュースや雑誌の特集で「チョコレートの最新トレンドはビーントゥバー!」「Bean to Barがチョコレートの新基準」といったタイトルがかなり頻繁に登場している。「ビーントゥバー」は今や世界を席巻するチョコレート界の新潮流だ。最新トレンド「Bean to Bar(ビーントゥバー)」とはいったい何か。

ビーントゥバーチョコレートとは?

人気雑誌an・an(2017年2月号)の表紙もビーントゥバー一色

まず、「ビーントゥバー=Bean to Bar」と聞いたら、「こだわりのチョコレートバー(板チョコ)」をイメージしてほしい。加えて「カカオ豆が主役」「カカオ豆がチョコレートになるまでの全工程を一貫して手掛けた、クラフト的なチョコレート」という特徴もある。

ビーン=「カカオ豆」から、バー=「板チョコ」まで。つまり、ビーントゥバーは、チョコレートの原料であるカカオ豆の仕入れ・選別・焙煎・成形などの、製造の全工程を一人の作り手、あるいは1つのブランドが一貫して行う「チョコレート作りの新しいスタイル」のこと。ビールの世界でいう、クラフトビールに近い。チョコレート自体を「ビーントゥバー」と呼ぶこともあれば「ビーントゥバーチョコレート」と呼ぶこともある。

次ページ「ビーントゥバー」の歴史
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
パナソニック<br>100年目の試練

27万人の従業員を抱えるパナソニック。津賀一宏社長は「テスラとともに成長する」と語るが、盟友テスラがパナ元副社長を引き抜くという仰天人事も。EVに命運を託す巨艦の行方は?