外食費は1家族以上!独身男は「よき消費者」だ

一方、異性に贈るプレゼントは「ドケチ志向」

今までマーケティングの世界で「蚊帳の外」だった独身者たちの消費ですが、それが今後主流になっていくかもしれません(写真:Ushico / PIXTA)

前回の記事「独身男が『結婚コスパ悪い説』を信奉する理由」で、結婚したがらないソロ男(ソロ活動系男子。定義はコチラを参照)たちが結婚を躊躇するのは、「自分のためにカネを使いたい」からだと申し上げました。

それに対し、「結婚とはコスパで考えるべきものではない」というご意見を、主に既婚者の方からたくさんいただきました。また「結婚をすることはむしろ金銭的にはコスパがよくなる」というご指摘もありました。

この連載の記事一覧はこちら

ごもっともです。「一人口は食えぬが二人口は食える」と言われるとおり、独身で単身生活をするよりも、夫婦で共に暮らしたほうが、食費・住居費・水道光熱費など1人当たりのコストが削減されることは明らかです。

ただ、ここでいうコストとは、単に金銭的な負担だけを指しているわけではありません。金銭に加えて、時間・労力・精神的負担などを総合的に“コスト”ととらえた場合、結果として得られる精神的充足感や幸福感と見合うかどうかという観点で見ています。

ソロ男が重んじる「おカネと時間の使い方」の自由

それでもなお、彼らが「結婚とは、自分のカネと時間が奪われ、精神的ストレスをため込んでしまうもの」と強くイメージしていることは否定できないと思います。彼らにとって最も尊重したい「自由」とは、「自分のカネと時間の使い方」なのです。ですから、それを束縛されることを嫌うのは当然といえます。

次ページソロ男が「他人」のために使うおカネ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?