パタゴニア、アークも認めた!東レの「技術」

先端繊維を武器にアウトドア分野で存在感

東レのハイテク繊維技術を採用した米パタゴニア社の防寒ジャケット「ナノエア」は、ロッククライマーや登山家から高い支持を受け、異例のヒット商品となった(©Mikey Schaefer)

世界的なアウトドアスポーツ用品メーカーとして知られる米パタゴニア社。その同社が販売する、新ジャンルの防寒着が売り上げを伸ばしている。商品名は「ナノエア」。化学繊維の中綿(わた)を使った本格アウトドア用の高機能ジャケットだ。

化繊綿入りの防寒着は濡れても保温性が落ちにくく、以前から登山などのアウトドアシーンでは広く使用されている。ただ、風を遮る作りになっているため、着たまま体を動かし続けると衣服内が蒸れやすく、頻繁に脱ぎ着する必要があった。

一方、パタゴニアのナノエアは通気性を持たせた化繊綿ジャケットで、行動中に着用しても蒸れにくいのが大きな特徴。また、伸縮性があって体を動かしやすく、生地の肌触りは布団のようにやわらかい。2014年の発売後、登山やロッククライミング、自然の雪山を滑るバックカントリーなどの愛好家の間で着用者が増えている。

ヒット商品生んだ東レの新素材

パタゴニアが世に送り出した、新ジャンルの化繊綿ジャケット。そこで重要な役割を果たしたのが、日本の繊維最大手、東レだ。ナノエアに使用されている化繊綿や生地は東レ製で、同社の独自技術が駆使されている。

「アウターをもっとイノベート(技術革新)したい。暖かく、体の動きにあわせてストレッチして、運動中に汗をかいても蒸れにくい。そんなアウターを商品化したいんだ」ーー。今から10年近く前、パタゴニアからの協力要請を受けて、東レ社内で新素材の開発が始まった。

リクエストの1つ1つは難しくない。たとえば、蒸れを抑えるには、生地の織り密度を粗くして通気性を高めればいい。が、それでは使っている間に中綿が飛び出しやすく、風を通しすぎると肝心の保温性も落ちる。保温性と通気性と伸縮性ーー。パタゴニアの商品コンセプトを実現するには、その3つをうまくバランスさせた素材が不可欠だ。

次ページ3つをいかにバランスさせたか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ビジネスに効く!<br>教養としてのテクノロジー

AI、ブロックチェーン…今さら聞けないテクノロジーを解説。会計・英語に並ぶビジネスの即戦力スキルだ。米MITメディアラボ・所長伊藤穰一のインタビューを掲載。未来を見通す特集。