バイオハザード、USJに襲来

カプコンが期間限定でアトラクション

「しばらく(バイオハザードの)ゲームから遠ざかってんけどもう1回、ゲームがしたなった」「新しいのん出るんやったら買うわ~」

兵庫県から参加したという20代3人組の女性は、口々に「めっちゃこわかった」「足が震えた」「心臓が止まるかと思った」などひとしきりゲームの実体験を興奮気味に語った後、こう締めくくった。

まさにカプコン「してやったり」

カプコンは、大阪市にあるテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)内で、7月19日から11月10日までの期間限定で、シューティング型サバイバルホラー・アトラクション「バイオハザード・ザ・リアル」を展開する。

「バイオハザード・ザ・リアル」アトラクションの内部

「バイオハザード・ザ・リアル」とは、ごくごく簡単に言えばウォークスルー型のお化け屋敷。舞台は人気ゲーム「バイオハザード」の世界を忠実に再現した世界を、本物の銃と同等の重量感ある本格的モデルガンを片手に、迫り来るゾンビやクリーチャー(化け物)と生き残りをかけて闘う、というものだ。

アトラクションはステージ1とステージ2(最終ステージ)とからなり、ウイルスの感染度合いを示す感染メーターが低くなければステージ2には進めない。「生存確率、限りなく0%」というキャッチにたがわず、1度のトライで生き残ることはほぼムリという難易度の高いアトラクションとなる。

次ページカプコンの狙いとは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。