「タラレバ娘」ほど今の自分を変えたくはない

自分が今何をしたいのか、把握していますか

「あーだったら」「こーしてれば」という歎きは、変わらない過去への依存であり、甘えです。今の自分に目を向けましょう(写真: beer5020 / PIXTA)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。

“あのとき、あーだったら”“もっと、こーしてれば”……。アラサー独身女性3人が、「タラレバ」を繰り返しながら幸せを求めて奮闘する恋愛コメディ漫画『東京タラレバ娘』が、世の女性たちから共感を呼び、絶大なる人気を誇っています。

この連載の記事一覧はこちら

アラサー独身女性でなくとも、「あのとき、○○を選んでいたら」「あのとき、こうしていれば」という思いを、皆さんも1度は体験したことがあると思います。現状を嘆き、過去を振り返って後悔する。そして、「なぜそうしなかったのか」とますます自分自身を追い詰める悪循環に陥りがちな思考パターンです。

「タラレバ」は“変わりたくない願望”の表れ

「タラレバ」は、戻らない過去への依存です。当然ながら過去は変わりませんが、その変わらないものに固執することは、実は変わりたくないという願望の表れでもあり、自分への「甘え」を加速させます。「そんなことない。自分は変わりたいんだ!」と反論される方もいらっしゃると思いますが、その気持ちは、本意とは違っているかもしれません。

私が日頃行っている研修の中で、自己理解のためのワークを取り入れることがあります。まず、自分自身が日頃「○○できない」と思っていることを、いくつか箇条書きに文章にしてもらいます。たとえば「私は、部屋をきちんと片付けることができない」「私は、ダイエットを続けることができない」などです。

こうしていくつかの文章を作成していただいた後、書いた文章を書き換える作業をしていただきます。「○○できない」という部分を「○○しない」に変換するのです。「私は、部屋を片付けることをしない」「私は、ダイエットを続けない」という具合です。そして、書き直した文章を読んで、感じたことをシェアするという流れなのですが、大抵ここで、ため息交じりのどよめきが起こります。

次ページ「できない」のでなく「やらない」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
サイゼリヤ 外食を科学する

低価格メニューを貫き、好調な業績を維持している外食チェーンのサイゼリヤ。その背景には、創業時からの科学的経営の積み重ねがある。ユニークな具体例とともに、M&A構想を紹介。