秀逸?“ランナー”猫ひろしのビジネス感覚

2つ以上の特技を生かして「稼ぐ」方法

芸人としては一時ほどの露出はない猫ひろしだが、ランナーとしての”ビジネス”は好調だ(写真:アフロ)

オリンピックや世界選手権に出場するという「夢」をかなえるためなら、国籍を変えることもいとわないアスリートがいる。サッカーのブラジル人選手、卓球の中国人選手、長距離・マラソンのケニア選手などがそうだ。

スポーツの世界では、国際大会で活躍することよりも、母国の代表になることのほうが難しい国が存在する。自国ではライバルが多すぎるがゆえに、故郷を捨てて、勝てる道を選ぶ。国際大会に出場することが、アスリートとしてのブランド力(報酬)につながっていくからだ。

理由は少し違えども、”騒動”が大きくならなければ、ランナー・猫ひろしもオリンピック選手になっていたかもしれない。1年ほど前のことなので、多くの方が記憶していると思うが、猫はカンボジア国籍を取得して、本気でロンドン五輪の男子マラソン出場を狙っていた。国籍変更後も日本を拠点にトレーニングを重ねて、昨年2月の別府大分毎日マラソンで2時間30分26秒の自己ベストをマーク。同国のオリンピック代表入りをアピールした。

そして、思惑どおりにロンドン五輪のカンボジア代表に選出されたのだ。しかし、IAAF(国際陸上競技連盟)から「過去に国際競技会での代表経験がない」「ロンドン五輪開催時で国籍取得から1年未満かつ連続1年以上の居住実績がない」との理由を突き付けられ、猫の挑戦は失敗に終わった。

失敗から、猫が得たもの

ただ、国籍取得の問題以外にも、猫にはオリンピアンになるだけの実力が足りていなかった。IAAF(国際陸連)はロンドン五輪の男子マラソン参加標準記録をA(2時間15分00秒以内)とB(2時間18分00秒以内)の2段階で設定。A突破者が複数いる場合は各国最大3名まで出場でき、A突破者がいない場合に限り、B突破者が1人だけ出場できるというシステムになっていた。

猫の自己ベストは2時間30分台で、参加標準記録Bにすら12分以上も届いていなかったのだ。本来ならば、選手としての参加資格はないが、競技内すべての種目でB標準が突破できなかった国は1人に限り、どの種目でもエントリーできるという特例がある。

マラソンを含めて陸上競技が盛んではないカンボジアでは、誰も参加標準記録をクリアすることができなかった。カンボジア人のささやかな夢の「1枠」を、帰化したばかりの〝芸人ランナー〟に与えたところで、カンボジアの陸上界が好転したとは思えないが、この騒ぎが猫にとってはプラスになったともいえる。

次ページもはや、「走り」で芸人の数倍稼ぐ?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。