「鶏肉の価格差」の意味を知っていますか

スーパーには複数種類の鶏肉が並ぶが…

庶民的な存在にもかかわらず、知らないことが意外と多い食材の鶏肉(写真:筆者撮影)

今年は酉年。そこで今回は、日本人にとって身近な鶏肉の話をしたいと思う。というのも、鶏肉はとても庶民的な存在にもかかわらず、意外に知らないことが多い食材だからだ。

たとえば先日、ある女性と鶏肉についての話をしていたときのことだ。

「私、鶏肉を買うときに、ブロイラーは買いませんよ」

「そうですか、じゃあいつも買うのはどんな鶏肉なんですか?」

「国産若どりって書いてあるのを選んでます!」

と言うのでずっこけてしまった。これ、何がおかしいのかおわかりだろうか? 「国産若どり」はほとんどの場合、ブロイラーなのである。「若どり」とは生後3カ月齢未満の鶏のことをいう。そして3カ月齢未満で出荷できる鶏の多くは、肉専用種として品種改良されてきた、ブロイラーと呼ばれる品種群を使用している。したがって基本的に「国産若どり」という表示がされているものは、ブロイラーであると考えてよい。

このように、鶏肉について知っているようで知らないことが意外にあるものだ。酉年の始まりにそうした基本的な知識を得ていただき、店頭でおいしい鶏肉を選ぶ参考にしてほしい。

品種、飼養期間、餌の中身

この連載の一覧はこちら

鶏肉は日本の食肉の38%(農林水産省平成27年度畜産統計より)を占める重要な食材だ。国内で生産されている肉用の鶏は約7億5000万羽(処理羽数、平成27年食鳥流通統計調査より算出)に上り、全国で約2400戸の生産者がこれを支えている。全国で約2400戸とは少ないと思われるかもしれない。肉用鶏の生産は、昭和40年代には年間1万羽未満の小さな生産者も含め、全国に約1万8000戸の生産者がいた。その後、1戸当たりの大規模化が進み、生産者も企業経営が主流となって現在に至っている。

さて、鶏肉と一口に言っても、スーパーや精肉店の売り場に行くと、3~5種類程度の鶏肉が並んでいるのが普通だ。しかもそのどれにも価格差がある。いったいこの価格差はどこからくるのだろう? 実は鶏肉ほど価格差が意味を持つものはないのだ。

鶏肉の棚を見ると多くの場合、いちばん下の段に「国産若鶏」が並んでいる。多くの場合、売り場の中でここに並ぶ商品が最も安いだろう。その上、真ん中の位置には「○○鶏」という、なにやら名前のついた「銘柄鳥」が存在していることだろう。価格は国産若鶏よりやや高いくらい。そしていちばん上の段を見ると、「地鶏」と名付けられたものが並んでいることがある。売り場の中で最も高い価格帯になっていて、比内地鶏や名古屋コーチンといった有名どころは、最も安い国産若鶏の3~4倍くらいの価格になっていると思う。これらはいったい、どんな違いがあるのだろう? 価格差ほど味に違いはあるのかと、疑問に思う人も多いだろう。

次ページ「味」はどのような要因で変わるのか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
働く若者へ<br>ワークルールで身を守ろう!

「バイトのシフト入りを強要された」「残業代が適切に払われない」…職場で理不尽な目に遭うこともある。そこで役立つのは労働法=ワークルール。学んでおけば自分を守る武器となる。