マドンナ、「ホワイトハウス爆破発言は比喩」

「私は暴力的な人間ではない」

 1月22日、米人気歌手マドンナさん(58)は、首都ワシントンで前日に行われたトランプ大統領に対する女性たちによる抗議デモ「女性大行進」の際に、「ホワイトハウス爆破を考えた」などと述べたことについて、隠喩的に語ったものだと釈明した(2017年 ロイター/Shannon Stapleton)

[22日 ロイター] - 米人気歌手マドンナさん(58)は22日、首都ワシントンで前日に行われたトランプ大統領に対する女性たちによる抗議デモ「女性大行進」の際に、「ホワイトハウス爆破を考えた」などと述べたことについて、隠喩的に語ったものだと説明した。

マドンナさんの発言は、ソーシャルメディアで非難され、テレビの複数のネットワークがライブ中継を突然中止するという事態を招いた。

「私は暴力的な人間ではない」と、マドンナさんはインスタグラムで弁明。「例えとして語ったのであり、(トランプ氏の大統領就任について)希望を感じる人もいれば、私が個人的に感じているように、怒りを感じている人もいるということを伝えたかった」と述べた。

トランプ氏に抗議する21日のデモには数十万人が参加し、世界各地で合計数百万人が抗議行動に加わったとみられる。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
IS掃討後も混沌続く中東

IS(イスラム国)の敗退が明らかになりつつある。その掃討に貢献したクルド人勢力が独立の動きを見せ、中東の新たな火種に。特にイラクとシリアで一層の混乱が懸念されている。