過激?慎重?これがトランプ就任演説全文だ

新大統領が説く「アメリカの再建」とは?

(写真:REUTERS/Saul Loeb/Pool)

聖書は「神の民が団結してともに生きることは、どれほどすばらしく喜ばしいことか」と我々に説いている。

我々は心を開いて話し合い、意見の相違について正直に議論し、しかし常に団結を追い求めなければならない。

アメリカが団結すれば、アメリカはもう誰にも止められない。

恐れるべきではない。我々は守られている。そして、常に守られ続けるだろう。

無駄話をする時間は終わった

我々は我が軍および警察の偉大な男性・女性諸君に守られている。そして何より大切なことだが、我々は神によって守られている。

最後に、我々は大きく考え、そしてより大きく夢を描かなければならない。

アメリカでは、国家が存在していけるのは努力している間だけだということを我々は理解している。

我々はこれ以上、話すだけで行動を起こさない政治家を、常に不満を並べ立てるもののそれについて何もしようとしない政治家を受け入れることはない。

無駄話をする時間は終わった。

行動を起こす時間がやってきたのだ。

そんなことは不可能だなどと誰にも言わせてはならない。アメリカの心、アメリカの努力、アメリカの精神に敵う困難などありはしない。

我々は失敗しない。我々の国は再び繁栄し、成功するだろう。

次ページ新しい国家への誇りは我々の魂を呼び覚ます
関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。